バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【キャリアウーマンでファッション・アイコン】”超イケメン:カナダ首相トルドー”の妻  

2018/08/10
 
【キャリアウーマンでファッション・アイコン】世界で一番イケてるカナダ首相の妻
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

「カナダが誇る、世界で一番イケてる首相」 ジャスティントルドー。188cmの長身に引き締まったナイスなボディー、映画に出てくるようなプリンス並みの甘いフェイス。

世界の首相の中では46歳と若いジャスティンは、第20・22代ピエール・トルドー首相の長男で、血筋としてはサラブレッド。

ピエール・トルドー首相は、「多文化主義宣言」を行い、公用語を英仏二カ国語とするなど、現在の多文化国家カナダの原型を作り上げた名首相として、カナダで最も有名な政治家です。

そのジャスティン・トルドーは、世界の女性たちにため息をつかせる存在です。

モナちゃん
私もだよー、ジャスティン、ラブ。

 

男性政治家の陰には、女性あり。必ずと言っていいほど、彼らを支える妻がいます。

ジャスティン・トルドーの場合、妻、ソフィー・グレゴワール・トルドーですが、彼女は「首相である夫がいなくても」世論の興味を引く対象なのです。

そして、とっても美しい!

そこで、ソフィー・グレゴワール・トルドーにスポットライトを当てて見ましょー。

 

スポンサーリンク

 

ソフィー・グレゴワール・トルドーについて、知っておきたい、7つのポイント

 

ソフィー・グレゴワール・トルドーは、「世界で最もイケてる政治家」と結婚しました。でも、彼女は、「政治家の妻」の典型的なタイプには当てはまりません。

「彼女について知っておきたい7つのポイント」を挙げて見たいと思います。

いつもラブラブの二人。

 

モデル・ニュースキャスターをこなす、キャリア・ウーマンだった

 

「世界で最もセクシーな首相の妻」として脚光を浴びているソフィーですが、彼女は夫のために有名になったわけではありません。

彼女はもともと、モデルとしてのキャリアを持っていました。ジャーナリストしても成功し、テレビやラジオショーに出演をしていた、輝かしいキャリアの持ち主なんです。ジャーナリストとして、ニュース記事を書いて、キャリアをスタートして、CTV(注:カナダの最大の民放テレビネットワーク)のEtalkというショーをはじめ、数々のプログラムのニュース・キャスターをしていました。

テレビだけでなく、CKMFラジオステーションなどの、数々のカナダのラジオショーのホストを務めていました。

 

もともとは、ジャスティン・トルドーの弟の友達だった

 

ソフィーは、もともとは、ジャスティン・トルドーの弟、ミッシェル・トルドーの一番下の弟の同級生でした。

弟が亡くなった時が、ジャスティン・トルドーとソフィーが初めて出会った時。彼らは4歳年の差があったため、その時は何も起きなかったそうです。

 

ソフィーは若かりし頃、「男の子が大好き」だった

 

ソフィーの長年の友人の談によりますと、「ソフィーは若い頃、スポーツ、外に出て活動することを心から愛していた」そうです。そして、「男の子たちが大好きだった!」とのこと、笑。

ナチュラルな美しさと持っている彼女らしい逸話ですね。そんな彼女がジャスティンに出会った時のトキメキがどれほど大きかったんでしょうか、笑。

モナちゃん
私なら、ジャスティンの前で、きっと倒れている。

 

ジャスティンはソフィーの誘いを最初は拒絶したが、最後にはソフィーを追いかけていた

 

13年前、ソフィーがジャスティンに初めて会った時、彼女は「ジャスティンが、自分の将来の夫となる人」だと思ったそうです。その1年後、ジャスティンとソフィーは、ソフィーがホストしていたチャリティー・イベントで再会します。その時に、彼女はジャスティンと、心身ともに繋がっていると思ったそう。

モナちゃん
いわゆる、一目惚れってやつですかい。

翌日、ソフィーはジャスティンにEメールしましたが、ジャスティンは返事をしなかった!

モナちゃん
なんてーこったい。

3ヶ月後に、二人はばったりと道で出会い、ジャスティンが「すぐに返事せずにすまなかった」と謝罪して、彼女の電話番号を聞いたところ、彼女は最初はジャスティンの誘いに乗りませんでした。

そのため、ジャスティンは長い間かかって、ソフィーと付き合うために、努力する羽目になりました。ソフィーによると、「ジャスティンに少し、努力をして欲しかった」とのこと。

さすがです、ソフィーさん、男性心理をよく理解していらっしゃる。

 

ポイント:恋愛での第一原則Rulesという本がありますが、やはり、『男には追わせるのが鉄則』の実践版です、「女は男を追いかけてはいけない」、笑。「自分が電話したくても、男から電話させる」、「男から電話がかかってきても、居留守を使う」。それに限ります。

 

1995年にアメリカで発行されて以来、約30もの言語に翻訳され世界中の人々に読まれ続けてきた『ルールズ』。今現在も女性たちから圧倒的な支持を得ている恋愛バイブルです。本書は、ルールズ20周年を向かえた今、BEST版として、世の女性たちに贈る一冊。メール、LINEの使い方にも触れています。

 

過食症で、数年間苦労をした経験がある

 

ファッション・アイコンになるくらい美しいソフィーですが、彼女は過食症で、17歳の頃から数年間、苦労をした経験があります。

彼女は、過食症のことを、20歳前半まで、家族にも隠していました。しかし、「これで終わりにしよう」と決心して、母親に打ち明けたそうです。

母親と家族のサポートを得て、セラピー療法もして、ソフィーは「摂食障害(Eating Disorder)」を乗り越えました。

現在では、神経性過食症・拒食症協会(the Bulimia Anorexia Nervosa Association)や、その他の団体が催す会議に積極的に出席して、過食症で悩む男女の助けになりたいと、日々活動しています。

 

 

ソフィーは3人の子供達をモントリオール方式で育てている

 

ジャスティンとソフィーには、3人の美しい子供たちがいます。グザヴィエ(Xavier)、エラ=グラース・マルグリット(Ella-Grace Margaret)、アドリアン(Hadrien)。

美男美女の両親に似て、可愛い子供達。

子供達に二か国語を駆使できるように育って欲しいとの気持ちから、彼女は子供達には、フランス語・英語の二か国語で話しています。それは、ジャスティンとソフィーが育てられたのと同様にです。


とにかく、絵になる夫婦。

 

ソフィーは内省的で、ジャスティンと子供から離れて、一人になる時間が好き

 

テレビで見られる公の姿と、カナダで最も人気のある政治家の妻としてのイメージから想像するのは難しいですが、ソフィーは実は、”一人の時間を大切にする内政的なところ”があります。

ソフィーは、ある雑誌(Women On The Fense)とのインテビューで、彼女が語ったところによると、「彼女は、一人でいることが居心地がいい」とのこと。

彼女は、「子供達と夫から離れて一人でいても、孤独感を感じない」と言います。

常に脚光をあびるポジションにいながら、自分自身を見つめて、エネルギーをリチャーじするということが、「いつもイケてる女チカラ」を蓄える秘訣だと言えます。

 

スポンサーリンク

 

「ソフィー効果」ってご存知ですか?

 

「ソフィー効果」という言葉があります。 国際的な知名度のなかったカナダのデザイナーやブランドを、ソフィーが着て登場することで劇的に知名度がアップしていることを言います。

カナダファッションのセールスウーマンとして活躍している、ソフィー・トルドー。ファッション関係者は感謝を込めて、ソフィーを「ファッションアイコン」と呼んでいます。

カナダのアパレル関係は中小規模が多く、ヨーロッパやアメリカの有名ブランドやデザイナーに比べ、広告宣伝費にもお金をかけることができないケースが多々あるため、カナダのファッション業界は、彼女に大感謝をしているのです。

自国での開催だけでなく、あらゆるインターナショナルな場所で公式晩餐会や華やかな歓迎式典などで、カナダ製の服、バッグ、イヤリングなどアクセサリーを身につけているソフィー。

美人でチャーミングな3児の母親であり、夫であるカナダ首相との仲のむつまじさが、多くの母親・主婦の心を掴んでいることも間違いありません。

 

まとめ

 

ソフィーが、いかに魅力がある女性であるは、彼女が「自分自身をしっかり持った女性であるところ」に尽きると思います。ソフィー・トルドーのあふれんばかりの魅力を書いて見ました。

美男・美女のソフィーとジャスティンのカップルは、カナダ最強の「国の広報」となって、活躍しています。カナダ住民として、世界に誇れるカップルだと思います。

============================
バンクーバーにいらしてみませんか?
============================



Booking.com


++++

本日の猫。楓猫。手が、むっちり。

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment

  1. mabo より:

    確かにカナダの首相は若くてハンサムです。
    先日トランプ氏の米朝会談前後に日本で
    カナダ首相の演説をTVでやってるのを見た時に
    カッコイイ首相やなぁ~?と本当に思いました。
    同性にはあまり興味はありませんが、男前は男前として
    チャンと認める度量は持ってますので・・爆

    でも楓の男前さもなかなかですね!
    ネコ界の中ではかなり上位に付けると思います!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.