バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【夫婦で出かけよう】バンクーバー 秋の文化的 おすすめデートコース

 
academic event date
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

秋になると、文化的なイベントもたくさん催されます。こちら、バンクーバーでも例外ではありません。

今日は、夫を連れて(私が全て”お出かけプランニング”をしているため、夫は文字通り着いてくるだけ、笑)夫婦デートに行ってみました。

そのデートコースは、ディナーとバンクーバーオペラの鑑賞

実体験を織り込みながら、バンクーバーでの夫婦デート【秋の文化を楽しもう夫婦デート」おすすめコースを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

体験談:バンクーバーで秋らしい夫婦デートがしたい!

 

秋らしい夫婦デートって何でしょう?

秋だから、食欲の秋・文化の秋、ですよね、笑? だから、お食事プラス芸術を楽しむデートにしてみようと思いました。

芸術を感じるとしたら、展覧会・コンサートが考えられます。ちょっと悲しいことに、バンクーバーは、ニューヨークやシカゴ、ロンドン、パリなどの芸術を楽しむ展示・コンサートの規模が小さいのです。どちらかと言うと、アウトドアや自然の景観を楽しむ方がメインだと思います。

それでも、芸術を感じるスポットは色々とありますよ。

 

 

等が考えられます。(このリストは、いずれまた、もっと長めにして書いてみますね)

夫・KEN
今日は、どこに行くんだあ?

 

モナちゃん
ごちゃごちゃ言わずについて来いっ。

 

うちの夫が一緒にいて、とってもやりやすいと思うのは、「私が行きたい」というプランに、文句を言わず、楽しんで参加してくれること。

今回は、まずは、ディナーからスタートしてみました。

 

ディナー@FLYING PIG (オリンピック・ヴィレッジ店)

 

これから出かける「芸術的イベント」がバンクーバーのダウンタウンだったため、距離が遠くないレストランが良いだろうと思い、以前から行こうと思っていたレストランを選んでみました。

行った先は、FLYING PIG (フライング・ピッグ)というレストラン。

Flying Pig 1

これは、レストランの入口あたりの写真。この奥に、レストランは広がっていますので、レストランの広さは、この写真の2倍になります。

テーブルと椅子も、落ち着いた色調です。

Flying Pig 2

このかわいいブタちゃんが、レストランのトレードマーク。本当に可愛くって、見ているだけで心が和みます〜。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Flying Pig (@flyingpigvan) on

お店の中も、すっかり秋仕立て。

Flying Pig3

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Flying Pig (@flyingpigvan) on

メニューを見てみて、いろいろ考えてみて。オンラインメニューはこちら

Flying Pig 4

私はやはりお肉は食べていないため、フィッシュ系を狙ってみました。

私のは、WILD BC SALMON ($29)  local sidestripe shrimp, seat pea & smoked bacon risotto

ワイルド・BC・サーモン、シュリンプ、ベーコンリゾット添え(私が食べてみた感じではベーコンは入っていなかった、笑。ベーコンが入ってない方がちょうど良かったです)

Flying Pig Meal 1

夫のは、MAPLE & MUSTARD CRUSTED PORK RACK ($29) pulled pork poutine, apple cider reduction

ポーク・プルティン。

プーティンとは?カナダ発祥のフライドポテト。どこかエスニック料理を想像してしまいそうなそのネーミングですが、本場カナダでは50年以上も前から親しまれている人気フードなのだそうです。プーティンとは、フライドポテトに肉汁から作られたグレイビーソースとチェダーチーズをたっぷりかけた、ファーストフードのような料理です。

 

Flying Pig Meal2

夫は、いつも私の食生活に合わせて、ポークとかこってりしたものを食べないので、たまにはポークを食べたくなったらしい。

⬇️のような「がっつり肉系」のお食事も、もちろんクォリティが高くて美味しいですよ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Flying Pig (@flyingpigvan) on

お店の内装の雰囲気はオシャレだし、お料理も本当に美味しい。割と混み合うと「ガヤガヤ・ザワザワ」とした感じになりますので、静かなディナーを楽しむと言うより、グループでお出かけになった方が良いかもしれません。ただ、お料理の味付けは大変素晴らしいです。

お値段の方は⬇️のような感じになります。

– Beef Short Rib $29
– Wild Salmon $29
– Pork Rack $29
– Seafood Pappardelle $23

 

FLYING PIGフライング・ピッグ 公式サイト

店舗はガスタウン・イエールタウン・オリンピックヴィレッジとあります。最近、バンクーバー・アイランドのビクトリアにもお店がオープンしたと言うことで、ビクトリアに遊びに行く時も、こちらのレストランに立ち寄ることができます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Flying Pig (@flyingpigvan) on

 

バンクーバー・オペラの夜(Mary Widow: メリーウィドウ上演)

 

ディナー後に出かけたのが、バンクーバ・オペラ。

バンクーバー・オペラは、ほとんどの演目がクィーン・エリザベス劇場(Queen Elizabeth Theatre)で開かれます。

クィーン・エリザベス劇場は、1年を通して、バレエや音楽イベントを催しています。最大で2,929人を収容できるくらいのサイズなので、世界有数の大きなシアターとは比べものになりません。でも、一応、オペラ・シアターはあるんです、笑。

アクセス: ダウンタウンのバンクーバー中央図書館より徒歩2分くらい。スタジアム・チャイナタウン駅から徒歩5〜7分くらい。

 

この日の演目は、バンクーバーオペラ2018-2019シーズン幕開けとして、フランツ・レハールの”メリー・ウィドウ” (Franz Lehár’s The Merry Widow)でした。

 

メリー・ウィドウのあらすじ


1905年当時、フランス・パリが物語の舞台になります。

「メリー・ウィドウ」で呼ばれるが、原題のドイツ語「ルスティゲ・ヴィトヴェ」は日本語に訳すと「陽気な未亡人」という意味。

 

 

【登場人物】
ダニロ(T、Br): 公使館の書記官
ハンナ(S): 老富豪の未亡人(ウィドウ)
ツェータ男爵(Br): パリ駐在のポンテヴェドロ公使
ヴァランシエンヌ(S): ツェータ男爵の妻
カミーユ(T): パリの色男
ほか

 

このオペレッタはウィーンだけではなく、世界中で広まりました。主人公のダニロとハンナの恋の駆け引きがオペレッタの上演中、ずっと続いていきます。お互いが、お互いのことを愛しているのに、愛してるとは言わない(あー、じれったい、笑)。最後に、ダニロが” Hanna, ich liebe dich!(イッヒ・リーベ・ディッヒ(英語の I love you のこと)”と口にします。

あらすじは、ウィキペディアを詳細。

 

メリー・ウィドウの見どころ

1)レハールが作曲した音楽が美しいです。メリー・ウィドウ・ワルツ(唇は黙して)は、オペラ好きならよく耳にする美しいメロディーです。メリー・ウィドウ・ワルツのほかにも、ハンナの「ヴィリアの歌」や、ダニロの「王子と王女の歌」なども、オペラファンならずとも、心惹かれるメロディです。

⬇️ ”唇は黙して”:甘美な”愛の2重唱”です。

2)第3幕で、ハンナがダニロのために施した「マキシム風」の舞台でカンカン踊りなどが繰り広げられるのですが、なかなか娯楽性が高くて、観客も引き込まれてしまいます。

バンクーバーオペラ(Vancouver Opera) 公式サイト

 

まとめ

 

バンクーバーでの夫婦デート【秋の文化を楽しもう夫婦デート」おすすめコース、お届けしました。

<どうやって、秋の夫婦デートを楽しくするか?>

*秋になったのだから、芸術的な要素をデートに盛り込もう

*オペラ・シンフォニーでなくても、ジャズコンサートとか一般のコンサートでもOK

*夫婦で芸術に触れると、また違った角度から夫婦の会話を楽しむことができる

*イベントの前には、素敵なレストランも予約しておこう。そのレストランが、イベント会場からあまり離れていない方が、ディナーを楽しんで、イベントに焦って駆けつける必要がない

 

皆様も、楽しい秋デートをお楽しみくださいね!

+++

本日の猫。桃猫。

楓猫は、どこかで寝てしまっているようなので、本日も桃太郎に登場してもらいましょう。

MOMOTAROOOOO

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

クリックして、是非フォローしてね!

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.