バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【海外在住日本人の免税手続きは超簡単!】一時帰国時に消費税を払わず買い物できる

2018/08/29
 
Duty Free
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

私は帰省するたびに、色々と買い込みます。

以前から、「海外在住者(現在日本に居住していない人)は、一定の条件を満たした場合「日本の消費税」が免税になる」ということを聞いていました。

今回は、実際に試して見て、手続きが非常に簡単だった!

日本へ一時帰国する方は、消費税を浮かせて、賢く日本でお買い物を楽しむ方法があります。

それでは、始めましょー!

知ってた? 海外在住日本人は一時帰国時に消費税を払わず買い物できる

「免税店って、外国人だけのためのもの」ではないんです。

国外に移民している人だけではなく、長期滞在している会社員や留学生、ワーキングホリデーする人は、一時帰国の際に免税品を購入する資格があります。

つまり、消費税を支払わずに日本で買い物できるんです。

 

免税が受けられる”非居住者”の資格とは?

 

どんな人が、免税の特権を受けられる資格があるんでしょうか?

海外にある会社や国際機関に勤めていれば、日本人でも非居住者と認められ、免税品を購入できます。

海外に2年以上滞在している人や、滞在する「目的」で出た人も対象になります。

国土交通省観光庁の免税品購入のホームページ

外国人
非居住者

❶外国人は原則として非居住者として取り扱われます
❷外国政府又は国際機関の公務を帯びる者

居住者

❶日本国内にある事務所に勤務する者
❷日本に入国後6か月以上経過するに至った者

日本人
非居住者

❶外国にある事務所(日本法人の海外支店等、現地法人、駐在員事務所及び国際機関を含む)に勤務する目的で出国し外国に滞在する者
❷2年以上外国に滞在する目的で出国し外国に滞在する者
❸[1]及び[2]に掲げる者のほか、日本出国後、外国に2年以上滞在するに至った者
❹[1]から[3]までに掲げる者で、事務連絡、休暇等のため一時帰国し、その滞在期間が6か月未満の者

居住者

❶日本人は、原則として居住者として取り扱われます
❷日本の在外公館に勤務する目的で出国し外国に滞在する者は、居住者として取り扱われます

 

注意するポイント(1)

ただ、海外居住者でも日本に半年未満滞在でないと、半年以上は「居住者扱い」になってしまうので、注意してください。(一時帰国の際は180日未満の滞在でないといけません)。

point!

 

免税の手続きは、とても簡単!

 

非居住者を証明するのは、本当に簡単。

下記の3つのステップを踏みます。

その1:日本入国のスタンプがあるパスポート&ビザは必須!

免税で買い物する際は、国内の免税品店舗で購入する時にパスポートを出して、日本国内の入国スタンプと海外に滞在しているビザを見せる必要があります

ちなみに、カナダのPR(Permanent Resideny =永住権)カードは⬇。

Canada PR

その際に、過去6ヶ月以内に入国したスタンプが必要となります。

私のパスポート⬇。今更ながら、思いましたが、パスポートって「日本出入国」は同じページにスタンプを押すのが決まりなのでしょうか。

Passport

注意するポイント(2)

日本で免税で買い物するつもりがあるのなら、入国の際は自動化ゲートを通らない方が良いです。

自動化ゲートを通ると、スタンプを押してもらえないためです(お願いすれば、自動ゲートを通っても、スタンプを押してもらうことはできるそうですが)。

その2:購入レシートは無くさないで!

レジで支払いをして買い物します。(現金でもクレジットカードでも、両方可)レシートは、後で税関に提出する書類となりますので、絶対に無くさないように気をつけて下さい!

パスポートに購入記録票をホッチキスかセロテープで貼り付けられると思います。

ユニクロレシート

注意するポイント(3)

ヨドバシカメラやビックカメラでは、一部の海外発行クレジットカードを対象にしたディスカウントキャンペーンがあるので要チェック!

その3:出国時に、税関に購入記録を提出!

日本を出国する際に、お店でもらった購入記録票を税関に提出する必要があります。

出国前に税関で、この手続きを済ませないといけないので、時間には余裕を持たせることが必要です。

そちらで購入記録票を提出すれば、すべての手続き完了!

注意するポイント(4)
セキュリティチェックを抜けた後、出国審査を行う前に税関カウンターがあると思います。

 

どんな物品が、免税対象となるの?

 

免税対象の品物は一般物品と消耗品に分けられます。

購入時の免税対象になる条件と、その後の手続きと守らなければいけないルールが違います。

一般物品:

(家電製品、カバン、靴、洋服、着物、時計、宝飾品、民芸品など)

  • 一人の非居住者に対して同じ店舗における一日の販売合計額が5千円以上。
  • 販売合計額が100万円を超える場合には、旅券等の写しを経営する事業者の納税地または販売場の所在地に保存すること。
消耗品: 

(食品、果物、飲料、化粧品、医薬品など)

  • 1人の非居住者に対して同じ店舗における1日の販売合計額が5千円を超え、50万円までの範囲内であること。
  • 非居住者は、消耗品を購入した日から30 日以内に輸出する旨を誓約すること。
  • 消費されないように指定された方法による包装がされていること。

 

ユニクロとジーユーにて、免税で買い物して見たよ!

私、とってもユニクロとジーユーが大好きなんです。ぞっこん、ラブ(死語を使って、すんません)。

カナダ生活で着用するファッションで、ユニクロ・ジーユーのものが多い=>ということは、日本帰省時にものすごくお買い物をするということになります、笑。

「カナダでは、ユニクロ・ジーユーを着ていても、あまり他人と被らない(かぶらない)」ということも理由の一つです。コスパが高いし、クォリティも高い!

おっと、ユニクロ・ジーユーのことを語り始めたら止まらない〜、話題が脱線しました、笑。

⬆は、GU(ジーユー)の免税のサイン。免税でお買い物する際は、「免税のサイン」があるカウンターに並びます。

私がお買い物をした時も、中国・インド(だと思われる)あたりから来た観光客が「爆買い」のために並んでいました。

モナちゃん
訪日観光客の爆買いは、半端じゃねー。

失敗談:やばし!空港で免税手続きを忘れて、免税で買った服を着ていた

実は、今回免税システムを初めて利用したため、失敗したことがあります。それは、日本を発つ時に、日本の空港で税関手続きをしなかったこと。そして、免税で買った服を、しっかり着ていた、大笑。

正確に言うと、私は「バンクーバーで入国手続きをする時に、免税申告をするものだと思っていた」んです。あかんやん。

幸いなことに、お咎め(おとがめ)はありませんでした。

免税で購入した服などを、日本でタグを切って着用をしても、出国の際に持ち出しすればOK。

パスポートに貼ってある購入レシートは、帰国後に破棄して大丈夫です。

国土交通省官公庁の見解としては、『万が一、関税で質問された時のために、「免税で購入した品物」は、手荷物に入れて、すぐに取り出せる状態にしておいた方がいい』と言うことのようです。

国土交通省官公庁の免税品購入の相談コーナー

楓猫
ま、今後は気をつけようね!

どんなお店で免税品を買えるの?

 

免税品は免税店でのみ購入できると書いてあります。

Kenzie sign

サイン:国土交通省官公庁より引用

 

「免税店」と書いてあるサイン⬆を目指しましょう、笑!

東京、大阪、京都など、観光地として人気がある大都市であれば、コンビニやドンキホーテ、ドラッグストア、家電量販店やユニクロまで、免税店の許可を取っている今日この頃。

今まで、一度も「海外在住者の免税システム」を使っていませんでしたが、なんで、もっと早くやっていなかったんでしょう!

桃太郎猫
コリャー、利用しない手はニャイ。

まとめ

2018年現在の日本の消費税8%というのは先進国の中では際立って低いですが、それでも、8%節約できるというのは大きい!

「2019年10月1日の消費税率の8%から10%への引き上げ」というのも聞いたことがあります。

こんなに簡単に日本の免税システムが利用できるなら、今度、これを利用しない手はないです。皆様も、是非、利用なさって見てくださいね。

====================
日本の宿泊先はこちらから
====================

Booking.com


+++

本日の猫。楓猫。男前っ!

首輪を自分で外してしまって、巨顔なのが目立つ、笑。

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

 

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際結婚(アメリカ・カナダ人)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment

  1. mabo より:

    モナさん、私も先日台湾へ出張で行って来ました!
    久しぶりに関空に行って驚いたのは、免税店の殆どの
    売り子さんが中国人でした。
    一緒に行った得意先の部長と「ここは日本やな?」と
    確認し合った程でしたよ!爆
    そして台湾に行って6月の湿度の洗礼を受けて来ました。
    とりあえず今日はフラフラ状態ですが、週の初めなので
    頑張って行きますね!先ずは報告まで・・

    • monachan monachan より:

      おおおお、マボさん、お出かけなさっていたんですね。台湾へいらしてたんですか?私も、関空から今回は飛んだんで、マボさんとすれ違っていたのかも、笑。まー、ドロドロに疲れていて、きっと、お会いできる状態ではありませんでしたが、、、。日本も27度で、バンクーバーにしたら夏ですよ、夏。もう疲れ切って、まだ時差ぼけ残っています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.