バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【カフェ付きもあり】バンクーバーのお花屋さん 独断の5選

2018/08/10
 
Florist Eye catch
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

お花がお部屋にあるだけで、心がワクワクしますよね。

バンクーバーでも、お花屋さんはたくさんあります。その中で、私がオススメするお花屋さんを5つ、独断で選んでみました。

 

日本人のお花屋さん:はなもフローリスト

 

私は以前、ダウンタウンで働いていた時、会社から歩いていける距離だったので、たまに立ち寄っていました。

バンクーバーのダウンタウン内のホテルロビー等に飾ってあるお花も、この店は手がけています。生け花も、もちろんお手の物。

値段に応じて、やってくれて、どこかに日本人のセンスが入っていて、アレンジも日本人向けかもしれません。

日本人経営なので日本人にとっては、オーダーしやすい花屋さん。お花を自分で選ぶこともできます。ダウンタウンのお店まで出向かなくても、バンクーバー市内・郊外にも配達してもらえます。詳細は⬇。

A post shared by @rayluvvintage on

 

はなもフローリストのお店情報・配達

 

はなもフローリスト 公式サイト

住所:1100 Melville St, Vancouver, BC V6E 4A6

電話番号:604-685-3649

営業時間:月曜日〜金曜日 10:00~15:00 (土日は休業)

インターネットでの当日注文は手配が遅れることがあるため、当日発送して欲しい場合は、電話の注文の方が良いです。

月から金曜日の配達: 電話にて2時までの注文でバンクーバー市内

電話にて12時までの注文でバーナビー・リッチモンド・ノースバンクーバー・ウェストバンクーバー・コキットラム・ポートコキットラム・サレー・デルタ・ラングレー・アボッツフォード・ピットメドー・メープルリッジ・アンモア・アイオコ へ配送可能。

商品のミニマム料金は一つあたり$35カナダドル(税金、配達料金別)

土曜日の配達: 配達地域はバンクーバー市とその周辺の都市になります。(バンクーバー・バーナビー・リッチモンド・ノースバンクーバー・ウェストバンクーバー)

ミニマム料金は商品代 $50カナダドル(税金、配達料金別)

日曜日とカナダ、バンクーバーの祝日 休業日で配達業務もなし

(バレンタインデー、 ウェディング等のイベント花の配達を除く)

 

ガスタウンのカフェの中にある花屋: THE BIRDS & THE BEETS(ザ・バーズアンド ビーズ)

 

このお花屋さんは、ちょっと個性があります。なぜかと言うと、それはカフェの中にお花屋さんがあるのです。

バンクーバー発祥の街:古さと新しさが混じったガスタウンにあるカフェです。

フローリストさんにお任せで作って頂く場合、「予算はこれくらいで」とか「色合いや雰囲気の希望」を伝えると、イメージ通りに作ってもらえます。

予算$20(日本円で1800円ぐらい)でも作ってもらえますし、希望すれば花瓶も一緒につけてくれます。

花束に可愛いタグを付けてくれて、何のお花を使ったのか書いてくれます。それも嬉しいところ。

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

⬇はカフェの様子。

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

 

The Birds & Beetsのお店情報

 

The Birds & Beets 公式サイト

住所: 55 Powell St, Vancouver, BC V6A 1E9 (55 Alexander Streetからの入り口もあります)

電話番号:604.893.7832

営業時間:月曜〜金曜 7:00~16:00 、土曜〜日曜 9:00~17:00

 

キツラノ 地区にある:CELSIA FLORIST (セルシア・フローリスト)

 

キツラノ の住宅街を南北に走る主要なストリートArbutus St(アビュータス)にあり、建造されて100年以上経つヘリテージなビル(レトロな建物)の中にあります。

入口の感じが可愛らしいんです。

A post shared by Celsia Floral (@celsiafloral) on

店内もヘリテージの建物のアンティーク感が出ていますよね。

A post shared by Tiff (@rainytiff) on

こちらのお花屋さんのフラワー・アレンジメントは、伝統的な中にモダンなアレンジをして、ヨーロッパ的な活け方をしてくれます。

お値段は お花束で$50 〜$75 、花瓶のアレンジだと $100 〜 $405、鉢植えだと$45  〜$100 くらいが相場です。

私は友人が、こちらのお花屋さんを進めてくれて、まだ機会はないのですが、実際に彼女のお宅にあったお花束を見て、その美しさに圧倒された覚えがあります。

彼女は、何か記念日があると、こちらのお花屋さんにお花束を頼むそうです。日本人スタッフがお店にいて、欲しいお花束のイメージを伝えれば、綺麗にアレンジしてくれるそうです。

A post shared by Celsia Floral (@celsiafloral) on

ワークショップもあります。フラワー・アレンジメントをお店で習うことができますよ!

 

Celsia Floristのお店情報

 

Celsia Florist 公式サイト

住所:1930 Arbutus St, Vancouver, BC V6J 3X7

電話番号:604-731-3314

営業時間:月曜〜金曜 9:00~17:30 、土曜  11:00~17:30 (日曜 休業)

 

お花屋さんの中に住み着いてしまいたい、ケリスデールにあるThomas Hobbs Florist(トーマス・ホブス・フローリスト)

 

ケリスデールという街に、私がよく立ち寄るお花屋さんがあるんです。それは、Thomas Hobbs(トーマスホブス)。街の雰囲気にぴったりで、街を散策すると、ついつつい、このお花屋さんをのぞいて見たくなります。

本当に住み着いてしまいたいくらい、お店の中が可愛い〜。

バレンタインには、上のようなアレンジもしてくれます!

普通のフラワー・アレンジメントも素敵ですが、上のように、多肉と組み合わせたフラワーボックスとかもありますよ。

 

ケリスデール(Kerrisdale)というエリア

41st street & Boulevardの交差した辺りに広がります。リッチなマダムが集う街。Faubourgという人気ベーカリーがあります。私も、ケリスデールに行くと、こちらのお店で、ベーカリーやら、マカロンを買って帰ってました。

 

旧ブログでも書いています⬇。

 

Thomas Hobbs Floristのお店情報

 

Thomas Hobbs Florist 公式サイト

住所:2127 W 41st Ave, Vancouver, BC

電話番号:604-263-2601 (Toll Free: 800.663.2601)

営業時間:月曜〜土曜 9:00~17:30 、日曜  11:00~17:00 (クリスマス、ニューイヤーズデー、カナダデー ・BCデー以外は、祝日でも開店しています。11:00~17:00)

 

グランビル・ストリートの高級感あふれるお花屋さん:Granville Island Florist

 

サウス・グランビル・ストリートの13thストリートあたりにあり、ショッピング街に近いです。雰囲気は、サウス・グランビル・ストリートのおしゃれで裕福な客層に受ける豪華さがあります。

バンクーバーの著名でシックなホテブティックショップ、数々の結婚式を飾るお花束・ブーケ等を作り続けています。

グランビル・アイランドのパブリック・マーケットのブースとして開業して、25年の歴史のあるお店。

お値段は$50から $5,000のブーケと、 $100 から $200の花瓶のアレンジと、お安くはない値段ですが、ウェディング等の特別な席には、思い出となるお花を作ってくれます。

 

グランビル・アイランド・フローリストのお店情報

 

Granville Island Florist(グランビル・アイランド・フローリスト)公式サイト

住所:3050 Granville St. Vancouver, BC V6H 3J8

電話番号:604-669-1228

営業時間:日曜〜水曜 9:00~18:00 、木曜〜土曜 9:00~19:00

 

まとめ

 

この記事を書いていたら、またお花屋さんをのぞいて見たくなりました、笑。

お花が生活の中にあるだけで、気持ちがハッピーになれますよね。

============================
バンクーバーにいらしてみませんか?
============================



Booking.com

+++

本日の猫。楓はん。

 

e0170687_13262429.jpg

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment

  1. mabo より:

    オ~~!最後の最後で楓のズッド~~ン!って・・爆
    お花に付いてのコメントを書こうと思ってたのに
    最後の写真で全て持って行かれてしまいました。

    奴はやっぱりインパクトがありますね~?爆

    絶対に近所に居てたらハグハグ攻撃をしてると
    思います!爆

  2. monachan monachan より:

    マボさん、カエデの写真があると、そちらに目が言ってしまうんですねー、笑。
    お花も勝ち目がありませんでしたねえ。

    でも、この写真、可愛いですよね。親バカだけど。 

    ハグでもキスでも、なんでもしてやってください、笑。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.