バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

バンクーバーの1ヶ月の 生活費はいくらかかるの?【ルームメイトなし一人暮らし編】

 
Cost of living vancouver final final_res (1)-min
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

バンクーバーの生活費は驚くほど高いです。

それは、不動産のお値段が年々高騰しているだけが理由ではなくて、日々にかかる生活費を足し合わせると、かなりの生活費になります。

実際にバンクーバーの1ヶ月の生活費は、一体いくらかかるかご存知でしょうか?

「カナダ(バンクーバー)に留学・ワーホリに行く」・「カナダ(バンクーバー)にお仕事で単身赴任する」方向けに、【バンクーバーで1ヶ月にかかる生活費】を調べてみました。

バンクーバーで実際に20年近く生活してみて、住宅費用や一ヶ月あたりの食費、交通費、通信費等、諸経費を考えてみました。あくまでも、ルームメイトがいないで一人で暮らすケースの生活費について、ざっくりとまとめてあります

一人でコンド等を借りる住宅費

 

最近ではダウンタウンから30分くらいの距離にある普通の2階建てベースメント付の一軒家で日本円にして数億かかるのは普通です

ダウンタウンから離れれば少しは安くなりますが、バンクーバーで安いレント物件を探すのは至難の技です。カナダの中ではバンクーバーは2番目にレントが高い都市となっています。

1BR(ベッドルーム)を借りる時に、トロントは平均レントが $2,230とカナダで最も高い都市になっています。バンクーバーでは$2,100、バンクーバーの東側に隣接しているバーナビーで$1,580、ケベック州のモントリオールで$1,410、オンタリオ州のバリーで$1,360となっています。

バンクーバーで2ベッドルームとなると $3,330と、もう破格のお値段です。2018年10月15日付 Vancouver Sun(バンクーバーサン)紙

Vancouver cost of living

Vancouver Sun as of OCT15, 2018

 

もちろん、ルームメイトとレントをシェアしたり、シェアハウスに暮らせば少しはお安くなります。レントする物件が狭ければ(例:二人で1BRの物件に暮らすとか、ちょっとキツキツの生活を強いれば)、それだけ安くなります。

バンクーバーにお仕事で単身赴任される場合は、住宅費は会社が補助してくれますから、住宅費は自分持ちで払わないで済みます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Vancouver Real Estate (@vancouver.realestate) on

食費は極力自炊なら節約できる

 

カナダで生活するのに一番経費がかかるのが家賃、税金、食費、だと思います。消費税は12%(GST5%、PST7%)かかります。

どこに住んでもそうかとは思いますが、やはり節約の基本は自炊。うちは主人もお昼はお弁当です。

スーパーで食料品を購入する費用は、個人によって差があると思いますが、a Statistics Canada report によると、カナダの平均家族数は 2.5 人なので、一人よりも共同で購入した方がグロサリー代は安く上がります。

我が家はオーガニックの食材を使うようにしているため、少し割高になりますが、コストコとか安いスーパーで食料品を購入すれば少しは節約になります。

BC州は野菜やお肉には税金がかからないので、これも助かるポイントです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Whole Foods Market (@wholefoods) on

交通費:電車・バス・チャリもあり

 

ワーホリや語学留学生だとダウンタウン内で、生活のすべてが完結してしまいますので、通学費等の移動手段についてあまり考えなくてもいい場合がありますが、郊外に住んだりすると話は変わってきます。

主人は通勤には、自分のエクササイズのために自転車を使っています。天候や距離によって電車(スカイトレイン)を利用しています。

車だとガス代がかかってきます。バンクーバーではガス代が高いため、毎週一度満タンにすると$50=1ヶ月$200はかかります。

車がなく自力 or 公共交通機関を利用する場合で、書いてみたいと思います。バンクーバーのいいところは、ちょっと遠くても大体の場所に電車(スカイトレイン)やバスで行けること。

スカイトレインが故障で止まる・バスが時間通りに来ないという不満は度々ありますが、車がない人にとっては公共交通機関が足になるため助かります。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by TransLink (@translink) on

自転車移動は体力を使うだけで安い

 

人力なのでかかる費用は初期投資とメンテナンスだけ。自転車でどこにでも行きますが、遠いと途中まで自転車で行って一部バスに乗ったりもします。バンクーバーのバスはフロント部分に自転車のキャリアーがついていますし、混雑時間帯でなければ自転車を持って電車に乗り込んでOK!

 

一定回数以上バスや電車を使うならマンスリーパスカードを使う

 

年々、公共交通機関費はじりじりと値上がりしています。

バンクーバーでは、公共交通機関はスカイトレイン・バスも利用できるゾーン制(1ゾーンから3ゾーンまで)で運営されています。エリア毎にゾーン1・2・3に分けられています。たとえば一回乗車時にコンパスカードをタップすれば、その時点から1時間半以内の移動なら、ゾーン1内ならいくら使おうが$2.95ですみます。

1ゾーンチケットを買うと 現金$2.95かかります。1ゾーンだと、バンクーバー市内でしか利用できません。もしバーナビー・サーリーなどの隣接市に行きたかったら、2ゾーン ($4.20)か3ゾーン($5.70) パスを支払わないといけません。

1回きりでなく何回も利用する場合は、マンスリーパス を買います。SuicaとかIcocaみたいなもので、お金をチャージして繰り返し使えるバス・電車用のカードです。バスに乗車する時 or 駅の構内にある改札ゲートにタップして使います。

マンスリーパス (学生): $41.00
マンスリー (大人): 1ゾーン$95 , 2ゾーン $128、3ゾーン $174です。

 

通信費

 

通信費としてかかってくるのが、モバイルの電話代と家庭で使うインターネット代。

ブリティッシュ・コロンビア州では通信プロバイダー((Bell, Rogers, Telus)が3GB(ギガバイト)のデータとカナダ国内無制限の通信サービスを$80から$85で提供しています。電話サービスだと月に$40かかります。

Wifiが繋がる場所も結構あるので、データ通信なしで節約することもできますが、個人的にはデータ通信がないとかなり不便です。例えば、ナビで運転をする時にデータ通信がないと不可能に近いです。

家庭でのインターネット通信費は 、メジャーのプロバイダーであるRogers, NovusとTeksavvyが平均で $70くらいで提供しています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by apple iphone Xs (@iphone__xs) on

娯楽費

 

友達・カップルで一緒にご飯を食べに行ったり、映画・コンサート・演劇等、色々な娯楽も楽しみたいですよね。もちろん、娯楽費になると、毎晩お出かけする人と全く出かけない人の平均を取らないといけないので計算は難しいです。

▶️バンクーバーダインアウト等の外食(Vancouver Dining out): $150

バンクーバーでは毎年1月にダインアウトと呼ばれて、人気レストランがお得なお値段で、プリフィックス・メニューで前菜・メイン・デザートがセットになったものを期間中に提供するという一大イベントがあります。我が家も毎年このイベントに参加しています。

その他にランチを外食にしたりテイクアウトをしたり、一週間に数回外食をするとなると $150 あたりが平均的に外食にかかると思います。

➡️飲み代: $100

これは、ワインをグラス2杯ほど嗜む場合になります。アルコールを飲まないとしても、スタバ・サードウェイブコーヒー・バブルティ等にかかる金額を考えると$100くらいになると思います。

➡️その他のお出かけ代: $60

これは、映画・コンサートに行ったりする費用です。

我が家は、バンクーバーオペラのシーズンチケットを買うくらい、(私が)オペラファンなのでその分で$800くらいかかっています。これも、個人的なライフスタイルによって変わってくるため、一概にいくらかかるか?とは断言しにくいです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Vancouver Opera (@vancouveropera) on

フィットネス代

 

バンクーバーは「健康オタク」の数も多く、フィットネスに力を入れている人も多いです。

ローカルのフィットネススタジオで月に8から12クラス参加する場合、100ドル近くかかります。コミュニティセンターのジムで10クラスとっても、50ドルくらいかかります。平均して$75くらいはかかると思います。

 

保険代

 

もしレントしている場合は、テナント保険(下宿人保険)を払う必要が出てきます。借りている物件に何かあった場合にカバーができるようにするためです。バンクーバーダウンタウンになると、月に$30くらいかかります。

 

LowestRate.caレポートの”2018年度のバンクーバーの1ヶ月の生活費”

 

🔼で、バンクーバーの生活費を項目ごとにリストしてみましたが、個人のライフスタイルによって差がありますから、はっきりとこの金額がかかると断定するのは無理があります。

読者の方にアイデアが伝わるように LowestRates.ca(ローエストレート)のレポート『2018年度のバンクーバーの1ヶ月の生活費』の詳細をリストにしてみました。

LowestRates.caは、生活費としてかかってくる必要最低限の商品の平均値を調べて、一月の生活費を計算しています。

Cost for millennial to live in Vancouver in 2018 (2019年5月8日現在:カナダドル=81.69円で計算してあります)

Housing(住宅費) $1,929.67 (157,658.80円)
Groceries(グロサリー代) $211.97 (17,318.47円)
Transportation(交通費) $133 (10,866.43円)
Phone and Internet(通信費) $105 (8,579.19円)
Entertainment(娯楽費) $321 (26,227.80円)
Fitness(フィットネス代) $75 (6,127.99円)
Insurance(保険) $20 (1,634.13円)
合計:バンクーバー2018年度生活費 $2,795.64/month(月間228,422.12円)

$33,547.68 annually(年間 2,741,065.43円

 

総合すると、バンクーバーで生活していくためには、一人当たり最低年間 $40,000(税込前)の収入が必要で $33,547.68 (課税後)かかるということになります。日本円に換算すると一月23万円近く、年間で280万円近くかかることになります

この数字は『基本的にルームメートを持たずに、バンクーバーダウンタウンの近くに住む20代から30代の人たちを想定していて、ほどほど娯楽もエンジョイしながら生活する想定になっています。最低限度の生活レベルというわけではありません。

もちろん、一人暮らしでなく、家族やルームメイトと一緒に暮らすことになれば分担できる生活費(グロサリー代・通信費等)もありますので、まさに個人の状況によって変わってくることも覚えておいてください。

 

バンクーバーの1ヶ月の 生活費はいくらかかるの?【ルームメイトなし一人暮らし編】まとめ

 

この記事では、バンクーバーで「ルームメイトなしに一人で生活する場合の生活費」について書いてみました。

これだけ毎月の生活費がかかっているのに、びっくりされませんか? でも、この数字には、衣服・靴屋、生活雑貨品等のコストは含まれていません。人によっては、クレジットカードの毎月の支払いもあるわけですから、+αはかかってきます。

バンクーバーにこれから住んでみようという方、少しでも生活費に関しての具体的な想像ができれば幸いです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Budget Mom by Kumiko Love (@thebudgetmom) on

 

+++

本日の猫。楓はん。

私が寝ているとひたすら側に寄ってくるのですが、如何せん、重すぎて、涙。

e0170687_09490623.jpg


写真;旧ブログ「バンクーバー日々是々」より

クリックして、フォローしてね!

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2019 All Rights Reserved.