バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【樹木希林さんの名言集に学ぶ】終活って何?やり方・やることリスト

 
樹木希林 名言集・終活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

樹木希林さんが9月15日に亡くなられて(享年75)、たまたま日本に滞在していたので、テレビ等で彼女の「名言集」を何度も目にしました。

2004年に乳がんと診断され、2008年には腸、副腎、脊髄にも転移。2013年には全身がんと診断されてから5年間、闘病しながら生涯現役を貫きました。

私は樹木希林さんの名言集を読んで、「言葉にできないくらいの衝撃」を受けました。心から感銘を受けて涙が流れた。

とにかく潔い(いさぎよい)・カッコ良すぎる。

今回のブログ記事では、樹木希林さんの名言で学んだ「終活」のあり方について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

樹木希林さん出演の広告:”死ぬときぐらい好きにさせてよ”

 

樹木希林さんが2016年1月に出演した企業広告:「死ぬときぐらい好きにさせてよ」を、自分のためにも書き留めておきたいと思います。

樹木希林

 

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」より引用:

 

「人は必ず死ぬというのに。
長生きを叶える技術ばかりが進歩して
なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。

死を疎むことなく、死を焦ることもなく。
ひとつひとつの欲を手放して、身じまいをしていきたいと思うのです。

人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。
それが、私の最後の欲なのです」

 

私、今回、この広告を初めて知りました(海外で生活していると、なかなか広告を目にすることがなかった)。

そして、この広告を何度も何度も読んで涙を流しました。言葉の一つ一つに、どれだけ深いメッセージが込められていることでしょうか。

 

永遠に心に残る:樹木希林さんの名言集

 

樹木希林さんはたくさんの名言を残しています。

彼女の名言は、まるでスターウォーズのヨーダのように、哲学的でもあります。

樹木 希林
By Andriy Makukha (Amakuha) – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 4.0, Link

 

樹木希林さんの名言集を書き留めておきましょう。

 

*死を残念とは思わない。死は特別なものではない。やり残したことはない。

 

*自分が生きたということで、ゴミを出すことがないように。

 

*歳をとることでブレーキをかけない。病気もそう、容姿もそう。

 

*死ぬことは、人の中に生きること。

 

*ガンは有難い病気よ。周囲の相手が自分と真剣に向き合ってくれますから。それから時間を与えてくれる。ストップウォッチを持たされたように、時間が豊かになる。

 

*一番幸せなのは「今」。

 

人生を一言で表すと何?

 

樹木希林さんが生前に『「自分の生き方」を漢字一言で表すと何?』と聞かれて、

と答えられたそうです。

漏れる(もれる)。その意味は「プラスもマイナスを含めて、生きて来て得られた自分の経験・栄養が溢れて漏れているのが人生なんだ」ということでしょうか。

カッコよすぎる。こんな言葉考え付きますか?

皆さんは「自分の人生を振り返って」、どの漢字を、考えられますか?

 

 

スポンサーリンク

 

終活とは何か?

 

「終活」という言葉は、どういう意味なんでしょうか?

「終わる」の”終”と、「活動」の”活”と書いて、「終活(しゅうかつ)」。

終活とは、平成21年に週刊朝日が造った言葉だったのだそうです。 当初は葬儀や墓など人生の終焉に向けての事前準備のことでしたが、、現在では「人生のエンディングを考えることを通じて”自分”を見つめ、”今”をよりよく、自分らしく生きる活動」のことを指すようになって来ています。

自分を見つめ、自分らしく生きる活動は、誰にでもやってくる”死”について、「自分がどう考え」「どう行動するか」ということがメインだと思います。

 

終活チェックリスト(終活やることリスト)

 

「終活でやることのリスト」を作っておくことも必要です。生きている間にあまり考えたくないことかもしれませんが、元気なうちに、理性が働いているうちに、しっかりと書いておくことは、本当に大切だと思います。

Probate documents

◆老後の暮らし方・場所を考える

◆不用品処理をして身辺整理をする
若い時使っていてもう必要なくなったものは全て手放して現金化したり、形見分けの整理をしておく。

◆エンディングノート・遺言書をつくる

  • 自分が死んだ時に連絡してほしい親族を書き残しておく。
  • 通帳や生命保険など受取人、相続人を定めておく。
  • または残った預金などは全額、市町村へ寄付するなど、希望を書いておく。

◆親族がいる場合は、自分の死後、納骨してほしいお寺や場所(樹木葬)など伝えておく

◆SNS/パソコンのデータに関する扱いについて考える

個人データの消去についても考えておきましょう。SNSが日常生活に欠かせない今日、SNSの取り扱いや、パソコン内にあるデータについても詳しく書いておくことが大切です。

”見てほしくないデータ”などがあれば早めに消去しておきましょう。

 

エンディングノート

 

「エンディングノート」というのは、人生の最終章を迎えるにあたり、自分の思いや希望、残しておくことなどを家族などに伝えるためのノートのことです。

配偶者や兄弟、子どもなど自分にとって大切な人にメッセージを残しておくノートだとも言えます。

エンディングノートには、遺言書ほどの効力はありません。そのため、遺産相続の内容を書いても法律的な力がないことは覚えておきましょう。

Ending Note

エンディングノートの例

例えば、幼い頃からどんなことがあったのかを書き出してみたり、疎遠になった人の名前を連ねるもよし、形式はありません。

  • 自分の死後にやってほしいことや特別なメッセージ
  • 親族だけでなく知人や友人に残したい言葉
  • 自分の財産をどうしたいか
  • これまで生きてきた人生のこと
  • これからどんな人生を過ごしたいか
  • もしも自分の墓を造るとしたら、墓碑銘は何を刻んでみたいか
  • 家族に残しておきたい思いなど思いついたことを書いてみましょう。

エンディングノートは、書きながら人生の棚卸しを考えることに役に立ちます。自分がどんな終活をしたいのかを見つけることができるでしょう。自分の人生を振り返る道具になります。

 

遺言書

 

遺言書とは、遺産相続など相続に関する大切な取り決めを書き残したものです。エンディングノートと違い法的な効力を発揮します

法的効力を発揮するためには、法律に基づいた書き方が必要です。しっかりとエンディングノートとの違いを把握した上で書き残しましょう。きちんと残しておかないと残された人たちが困ってしまいます。

Will statement

公正証書遺言 (こうせいしょうしょいごん)

遺言者から直接公証人が遺言の内容を聞き取り、公証人が書面に作成する方式です。内容の不備によって遺言が無効になることや、偽造のおそれもありません。一番オススメの方法です。原本は公証役場で保管され、また相続開始の際に家庭裁判所の検認も要りません。 作成の際には2人以上の証人が必要です。

自筆証書遺言(じひつしょうしょいごん)

費用もあまりかけずに最も簡単な作成できる遺言書で証人が不要です。しかし表現や内容などがあいまいな場合は遺言が無効になる事もあり、紛失や発見されないなどの保管の問題もあります。自筆証書遺言は必ず家庭裁判所で検認を受ける必要があります。

秘密証書遺言(ひみつしょうしょいごん)

あまり利用されないようですが、遺言の内容を誰にも知られたくない場合に使われます。本人が作成し、署名、押印し、封印後にそれが秘密証書遺言であることを公証人と2人以上の証人に証明してもらいます。内容の不備で無効になる危険もあります。

スポンサーリンク

人間は一人では生きていけない

 

私自身は、仏法を信心しています。具体的な終活などはしていませんが、「人生の意味」について深く考えさせられます。仏法を学ぶことで、「残された自分の人生をより良く生きる」ということを、意識しています。

もし、親族もいなくて1人なら、宗教でも、地域のコミュニティや、ボランティアに積極的に参加して、社会と関わることをお勧めします。

定期的にボランティアに参加していれば、、縁起でもないないですが、突然あなたが来なくなったら心配してもらえて、あなたが家で具合が悪くなっているのを発見してもらいやすい、ということも利点です。

 

まとめ

 

終活の第一歩として、まずは終活の目的を深く見つめてみましょう。

なぜ、終活をするのか?
なぜ、終活をしなくていけないのか?
自分なりの終活は、どうするか?

今回は、若い時は考えたこともない内容を書いてみました。それを考えさせてくれた樹木希林さん、ご冥福をお祈りします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.