バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【知ってる?】コナコーヒーの特徴・ハワイ島でコーヒー農園見学しよう!

2018/10/20
 
Kona Coffee Eye Catch
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

私はハワイを今年の4月に訪れましたが、「コナ・コーヒー」はお土産として売れていました。

コーヒー通の方はよくご存知だと思いますが、世界三大コーヒーの一つとして、ブルー・マウンテン、キリマンジャロとともに、コナコーヒーが挙げられます。

1820年代後半、コナで初めてコーヒーが栽培されてから180年余り。

なぜ、これだけコナ・コーヒーが世界中で人気があるのでしょうか? 本日は、コナ・コーヒーの美味しさの特徴について書いて見たいと思います。

スポンサーリンク

コナとは、どこにあるの?

 

ちなみに、コナとはどこでしょうか? まずは、地理の授業から始めます、笑。

ハワイ諸島の中で最も大きい島:ビッグアイランド(ハワイ島)にあります。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

ウィキペディア(Wikipedia)によりますと、ハワイ島の面積は10,432.5 ㎢(日本の四国の約半分程度、岐阜県ほどの大きさです。

ハワイ島は「火山の島」として知られていて、キラウエア山のある「ハワイ火山国立公園」は、ユネスコ世界遺産に指定されています。

コナ⏬の地図の左上に、KailuaーKona(カイルア・コナ)と書かれているのが見えますか?

HAWAII MAP

コナ地区は、 溶岩地帯が多いため、ハワイ島の東側に比べて、雨が少ないです。同じハワイ島の中でも、地域によって、気候・気温も変わります。

 

コナの地域の土壌と気候が、コナコーヒー栽培に大きな影響を与えています。そのことについて、⬇️で詳しく書いてみましょう。

 

コナ・コーヒーとは?

 

ハワイ島南西部のコナ地区でのみ栽培されて、生産料は世界のコーヒー生産量の1%以下という希少なコーヒー豆

コナでとれたから、コナコーヒーというのでなく、100%の「コナ・コーヒー」、10%以上コナで生産されたコーヒーを含むものが、「コナブレンド」と呼ばれます

ホワイトハウスの公式晩餐会では、必ずコナ・コーヒーが出されるそうですよ。ホワイトハウスで飲むのなら、かなり、セレブ感あり、笑!

スポンサーリンク

コナ・コーヒーの味の特徴

 

個人の好みによって、味の喧騒も変わってくると思われますが、多数の意見によりますと:

*苦味は強くない(甘みもあるという人もいる)
*適度な酸味がある
*香りが強い(フルーティ)

「ブレンドにすると、適度な酸味が加わるため、美味しい」とおっしゃるコーヒー通が多いです。個人的には、「スッキリした味わいなので、クリームとか加えるよりも、何も加えずブラックで香りを楽しむのが最適だ」と思います。

COFFEE

 

一口メモ:コナ・コーヒーは、ドリップ式で入れるのが一番美味しいと言われます。
お湯をフィルターに注ぐ時は、端から注ぐのでなく、中心から外側に向けて、ラセンを描くように回して入れましょう。

 

なぜ、美味しいコナ・コーヒーができるの?

 

コナコーヒーができる背景には秘密があります。その秘密とは:

  • コナ・コーヒーが作られる自然環境
  • コナコーヒーの収穫方法

が主なものとして挙げられます。

 

コナ・コーヒーが作られる、自然環境

 

コーヒーの風味を出すためには、適切な自然環境が必要です。ハワイ島のコナは、「ハワイの火山系が作る酸性の土壌」、「雨量」、「日照時間」、「標高が作り出す寒暖差」等が、コーヒー栽培のためにパーフェクトに揃っているんです。

「コナ・コーヒーベルト」というのが、ハワイ島西部に位置しているフアフライの山腹、約32kmの地域にあります。そこに、約600もの農園が点在しています。

 

コナ・コーヒーの収穫方法

 

コナコーヒーの摘み取り作業は、熟成具合を見ながら、手作業で行われています。9月から、翌年の2月くらいにわたり、手で一つ一つ摘み取って行くそうです。まるで、日本の茶摘みか、ワインのグレープの収穫のようですね。

コナコーヒー豆のためには、7倍の量の実を収穫しないといけないんだそうです。やはり、どれだけ、コナコーヒーが希少価値があるか、良くわかりますね。

COFFEE HARVESTING

 

これだけ美味しいと評判なら、コナコーヒー農園見学に行かないと!!!

 

コナには数多くのコーヒー農園がありますが、友人がすすめてくれた農園を選んで見ました。それは、ドトールコーヒー農園。

ドトールが農園を開設したのは、1991年のことでした。両方を合わせると、およそ東京ドーム16個分に当たる、ハワイ島最大の広大な「マウカメドウズ」と呼ばれるコーヒー・プランテーションです。「マウカメドウズ・オーシャン」(海側)・「マウカメドウズ・マウンテン」(山側の方を)と呼ばれ、両方を合わせると、およそ東京ドーム16個分に当たる、ハワイ島最大の広大なコーヒー・プランテーションです。

マウカメドウズは、農園というより、手入れのゆきとどいた美しい“庭園”のよう。

こちらは、とにかく景色が素晴らしい。パーキング入り口に車を停めると、そこに、送迎バスが待っていてくれます。展望所、コーヒー試飲、おみやげ屋さんまで、送迎バスが連れて行ってくれます。もちろん、パーキングから10分くらいかけて歩くこともできます。

小鳥たちのさえずりを聞きながら、ゆるやかなカーブを描く道を歩いて行くと、ハイビスカスやジンジャービリアなど、赤やオレンジの鮮やかな熱帯の花々が咲きみだれています。その先にあるのが、ガゼボー(見晴し台)のある広場。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

見晴台に上がると、↗️のような、空中に浮かんでいるような錯覚を抱かせるプールがあります。こちらは、インスタ向け!! その景色を眺めながら、コナコーヒーの試飲が出来ます。

広い農園が広がります。こちらで、農園見学(予約が必要:予約をするには、下記のURLよりできます。)と焙煎体験をすることもできます。知識の豊かなスタッフが、見学の際に色々と説明してくれます。

ドトールコーヒー農園公式サイト

住所 75-5476 Mamalahoa Highway, Holualoa, Hawaii 96725
営業時間 9:00AM~4:00PM (3:00PMまでに入園すれば、ゆっくり歩き回ることができます) ※年中無休
電話番号 (808) 322-3636
FAX (808) 322-2757

 

まとめ

 

いかがでしたか? コナコーヒーについて、少し調べてみたら、実際に飲むときに香り・味わいが変わってきますよね。

上記のドトール農園だけでなく、他にも「見学できる」コーヒー農園があります。自分だけのコーヒーを焙煎して作ってみてはいかがでしょうか? 旅の素敵な思い出になりますよ。

現地まで行かないでも今飲みたい!という方は、こちらも利用してくださいね⬇️

 

+++

本日の猫。楓猫。

目、潤んでるよね。

KAEDE IN LOVE

インスタ写真は、大好きな刺繍写真も多いです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Monachan (@miyanao117_2015) on

クリックして、フォローしてね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.