バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【初心者向け!】マクロビ基本・効果・やり方・レシピを学べる!「Ako’s ラクうまクッキング」

 
【初心者向け!】マクロビ基本・効果・やり方・レシピを学べる!「Ako's ラクうまクッキング」
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

「マクロビオテック」=マクロビ という言葉を聞くことが多くなってきました。

「私も実践したいが、なんだか難しそう」と思われている方も多いのではありませんか?

今日は、マクロビの基本・効果をおさらいしましょう。

そして、私が通って、マクロビのやり方・レシピを学んでいる「あこ楽うまクッキング」についてご紹介してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

マクロバイオティックの言葉の意味

 

初めてこの言葉を聞いた人は、「どういう意味?」と思うかもしれません。

マクロビオティック(=マクロビ)は、とてもシンプル。

マクロバイオティックの言葉の意味は、3つの部分から構成されています。

マクロビロゴ

 

「マクロ」=大きい・長いという意味。

「ビオ」=生命のこと。バイオロジーのバイオと同じ語源。

「ティック」は、術・学を表します。

つまり、「長〜く生きるための理論と方法=長寿法」という意味があります!

 

マクロビとベジタリアンの違い

 

よく質問が出るのは、マクロビとベジタリアンの違いは、どこにあるか?です。

ベジタリアン(菜食主義者)は、肉や魚などの動物性食品を極力食べないようにしている人たちのことです。

しかし、マクロビの大家:桜沢如一氏はマクロビオティック(食養法)は菜食法ではないとハッキリ断言されています。

マクロビオティック(食養法)は菜食法でも肉食法でも、もちろん禁酒禁煙でもありません。

自然、大自然(神)の与える食物を何でも頂いて、健康にハッピーに生きて行くことのできる、実践的な方法なんです。

 

スポンサーリンク

 

マクロビの基本

 

ここでマクロビの基本となっている3つの理念について書いてみましょう。

それは、「一物全体」「身土不二」「陰陽調和」

(1)「一物全体」

食材を丸ごと使用するという意味で使われる。穀物を精白しないこと、野菜の皮をむかずに使うことや、根菜でも葉を用いること、小さい魚を丸ごと食べることを意味する。Wikipedia

野菜なら皮や葉付きのまま、穀物なら無精製の玄米や全粒粉など、食品を丸ごと全て食べることで、バランスがとれるという考え方です。

 

(2)「身土不二(しんどふじ)」「地元の旬の食品や伝統食が身体に良い」という意味。

生まれ育った環境に応じた、その土地の旬の物を食べることで、身体のバランスがとれるという考え方です。

 

(3)「陰陽調和(いんようちょうわ」

中国の思想に端を発し、森羅万象、宇宙のありとあらゆる事物をさまざまな観点から陰(いん)と陽(よう)の二つのカテゴリーに分類する思想。陰と陽とは互いに対立する属性を持った二つの気であり、万物の生成消滅と言った変化はこの二気によって起こるとされる。Wikipedia

「この陰陽の法則が森羅万象に当てはまるなら、食べ物にも適用できるはず」というコンセプトから来ています。

『すべての食品は「陰性」「中庸」「陽性」に分類される』という考え方。

*「陰性」のものは牛乳・ミカン類・トマト・ナス・ほうれん草・熱帯産果実・カリウムの多いものなど。

*「陽性」のものは、塩や味噌・醤油・肉などナトリウムの多いもの。

*「中庸」のものは玄米。

楓猫
にゃら、どういう食事をしたらいいにゃ?

 

マクロビのやり方

 

① 主食は 玄米や雑穀、全粒粉など生成されていないもの。

② 野菜、穀物、豆類などの農産物、海草類(オーガニックや自然農法による食品が望ましい)を食べる。

③ 肉類や卵、乳製品は基本的に用いない。

④ 砂糖は使用しない。甘味は、甘酒・甜菜糖、メープルシロップ等で代用。

⑤ カツオ節や煮干しなど魚の出汁、うま味調味料は使用しない。出汁としては、主にコンブやしいたけを使う。

⑥ なるべく近隣の地域で収穫された、季節ごとの食べものを食べる。

⑦なるべく天然由来の食品添加物を用いる。塩は自然塩を用いる。

⑧ 皮や根も捨てずに用いて、一つの食品は丸ごと摂取することが望ましい。

⑨ 食品のアクも取り除かない。

 

 

マクロビのやり方:注意*白身の魚や、人の手で捕れる程度の小魚は、少量は食べてよいとする場合もある。

*コーヒーは身体を冷やすので避ける。

 

桃太郎猫
たくさんあるにゃー

 

私が実感したマクロビのメリット

 

私は、マクロビを2年以上は続けています。もちろん、オーガニック(有機農法)で採れた野菜だけ使うようにしていますので、マクロビだけの影響なのかは断言できませんが、少なくとも⬇3つのメリットがあると思います。

 

脂肪分がほとんどないため、食べても太らない

 

これは、本当。私の場合は、ダイエットを目指して、マクロビを続けているわけではありません。

でも、体重が驚くほど減りました。最初の半年くらいで、5〜6キロは痩せました。

モナちゃん
「中学校以来、見たことがない体重だ〜」

今でも、普通に食べていますが、体重は一切変わることなし。

私の理想体重のまま、横ばい状態を続けています。

 

続けていくうちに少量の食事でも満足できるようになる

 

私は、もともと小食の方だったのですが、ある程度の量を食べると「もう食べられない」という状態になります。

「少ない量を頻繁に食べる」ようになって来ています。

 

身体の免疫力が高まる

 

これは、そうではないかなと思っていて確かではないのですが、私は30年あまり、ひどい花粉症に悩まされていました。

春になると、必ずくしゃみの連続。それが、去年あたりから、花粉症が収まっている気がします。それも、「私の体の免疫が高まっている」ことの一つの例だと思います。

 

私の通っている「Ako’s ラクうまクッキング」

 

あこさんは、マクロビの大家。いろいろなマクロビ&オーガニックのお料理を、独創性と想像力で、作りだされています。

2年以上、「私が週日にオーダーしている「ベジ弁」を、作り出されていること」でも有名です。この「ベジ弁」、本当に美味しいんです。

A post shared by Ako (@ako_harmony) on

 

今月のクッキングクラスは、「らくウマ cooking & ランチ会シリーズ。テーマは、「作り置きしたい、ご飯のお供」です。

毎回共通のテーマは、日々の食事を無理なく美味しく楽しくすること♪

栄養価が高く、そして、お料理のちょっとしたコツを習うことができて、私は毎回出席しています。

 

あこさんについて東京都出身

2001年よりカナダに移住
2009年 クシマクロビオティックBasic & Advanceコース修了
2015年 ナチュラルフードコーディネーター資格

好きなこと: 料理、食べること、自然、ハワイ、フラダンス、読書、散歩

あこさんのブログ「Ako’s Harmony Cuisine」はこちら

 

「Ako’s ラクうまクッキング」の授業内容

 

調理デモンストレーション形式で、Akoさんの調理をじっくりゆっくり見て学べます。

クラス参加者は、お料理をする必要はありません。

クッキングのデモンストレーションの後、食材をどこで手に入れるかとかの質問が飛び交います。毎回、お得情報が手に入ります。

Ako's クッキング

 

今回デモンストレーションされた「ごはんのお供」:

  • 万能すぎる常備菜 〜夏野菜バージョン〜
  • アレンジ自在!鶏の味噌そぼろ
  • 無駄なく美味しく・セロリ de 佃煮

A post shared by Ako (@ako_harmony) on

これらの「ご飯のお供」で、めちゃご飯がススム〜。

いつものことながら、あっという間に時間も経ち、美味しそうなお料理が並んで、「お待ちかねの試食タイム」に入りました。

あこラクうまクッキング ご飯のお供

上のような作り置きがあったら、「お1人様ランチ」も、冷蔵庫を開けて、パパパっと用意できますよね。

ラクうまクッキング、試食

上には、トマトとアボカドの冷水スープもつけて出してくださいました。

試食の際は、ランチ会となって、和気あいあいとおしゃべりしながら、楽しい午後を過ごすことができました。

マクロビ基本・効果・やり方・レシピを学べる!あこ楽うまクッキングに参加してみませんか?

 

 

あこさんのクラスへのお問い合わせは:
Maho @ Blissful Connection <connectingbliss@gmail.com>

++++

本日の猫ず。

私のベッド、猫ずが貸切中。

Cats
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment

  1. mabo より:

    実はうちの奥さんはベジタリアンでは無いのですが
    山口県出身で瀬戸内海の美味しい魚が取れる町で
    育ったにもかかわらず、生の魚は駄目!その上
    肉は鶏・ブタ・牛全てが駄目!なんです。(笑)
    一体何を食べてるの?と良く聞かれますが、知らない
    内に玄米を食べお袋が作る、家で獲れた取れたて野菜を
    中心に食べてます!
    動物性たんぱく質も必要やで!と言ってても「食べられ
    ないんやから仕方ないやん!」と頑張ってます。
    でも、結構健康だと思いますね~?
    ある意味、勝手にマクロビをやってる様なもんですね?爆

    • monachan monachan より:

      Maboさん、

      奥様がお綺麗なのも、食生活のおかげですよね。ほんと、そう思います。

      お魚からタンパク質とれますよー。

      マクロビは、その地方で算出された、季節の旬のものを食べるから、人間にとって、一番体にいいものを取り入れることになるんだと思います。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.