バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【アトピー肌・敏感肌に効果あり】ママバター コスメ・スキン/ヘアケア

2018/06/26
 
Mama Butter
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

アトピー肌や敏感肌って、辛いですよね。

オーガニックのスキンケア・コスメを使うのは、もちろん必須。

私の場合、日本で見つけた以来、ずっと愛用している製品があります。

それは、ママバター(MAMA BUTTER)。創立されて以来10年あまり、たくさんの人に愛されて来ているブランド。

ママバターは、アトピー情報サイトや口コミサイトでも必ず目にするアトピー患者の間では有名なシアバター化粧品です。

またまた、先日の帰省で買い込んできましたので、詳しく書いて見ましょー。

 

スポンサーリンク

 

ママバター(MAMA BUTTER)とは?

日本人開発、日本人のためのナチュラル・オーガニックコスメ製品として、有名なママバター。

シアバター100%の「フェイス&ボディクリーム」 という1つのアイテムからスタートしたのが10年前。ママさんたちの口コミから広がって行ったブランドです。

赤ちゃんのおむつかぶれや、乾燥した鼻の下など、全身に使用可能です。

無添加のものであれば、口に入っても安心。

ママバターのスタンダードとポリシーに、まずは惹かれる

私が、ママバターを大好きな理由の一つに、会社のスタンダード・ポリシーがあります。

◆7つの無添加
こだわりの「シンプル処方&無添加」

×シリコンフリー ×紫外線吸収剤フリー ×鉱物油フリー ×合成香料フリー ×合成着色料フリー  ×パラベンフリー ×石油系界面活性剤フリー
◆フェアトレード
シアバターを生産し続けることは、現地アフリカの持続的な社会発展を担うことに繋がります。 アフリカの生産地とのフェアトレードを結び、アフリカの支援に貢献している。

 

ママバターのスキンケア・ヘアケア・コスメが愛される理由

 

ママバターは、たくさんの綺麗な芸能人、モデルにも愛用されています。

赤ちゃんから大人まで幅広い愛用者層を誇ります。

「敏感な赤ちゃんと妊婦さんの肌に使える優しさ」

天然由来保湿成分・シアバターがメイン成分になっています。西アフリカから中央諸国にある“シアベルト”一帯から採取したシアバターを主成分としています。

シアバターとはオレイン酸を豊富に含むシアバターは保湿効果が抜群です。水分をしっかり肌に閉じ込めて、ハリを出してくれます。保湿力やエイジングケアの効果・効能に優れています。フェイスやボディケアに効果大。

シアの実には、ビタミン成分A・B・C・D・E・F・Kが豊富に含まれているため、保湿効果や細胞を保護する力があるといわれてるのです。また、人の皮膚にも含まれる成分であるステアリン酸が多くを占めています。他にも、オレイン酸・パルミチン酸・リノール酸など美容成分がたっぷり含まれています。

容器が白基調で、さりげなくオシャレ

容器の清潔感も、かなり好み。個人的に、白が大好きなので、「好みのツボ」にストライク!

コスパが非常に高い

毎日使用するものだから、品質の良さはさることながら、低価格であるのが、とっても嬉しいところ。

 

スポンサーリンク

 

アトピー肌にはシアバター

 

上でも書きましたが、シアバターというのはアフリカのシアの木の実から作られていて、現地の人が伝統的に保湿剤として使ってきました。

シアバターは「アフリカの乾燥した空気と強い紫外線にからお肌を守る」ための、最適な素材。

アトピーの方の保湿剤選びでのポイント・肌に合ってる
・化学物質を使用していない
・使い心地が良い

個人差がありますので、合う合わないは使ってみないとわかりませんが、一般的にシアバターは、ワセリンやココナッツオイルよりも、アトピー肌に合うという意見が多いです。

 

2年間実際に使って見た、私がお勧めするママバター商品

 

大好きなママバターなので、オススメする商品はたくさんあります。語り出すと、止まらないくらい、たくさんの素晴らしい商品があります。

フェイスケアのためのスキンケア化粧品だけでなく、ボディケアやヘアケア用品も大人気。

e0170687_09303183.jpeg

 

オールスキン・オールボディに使える、ママバターフェイス&ボディクリーム

純度100%シアバターの保湿クリーム。 オールスキン・オールボディに潤いを与える万能アイテムです。

塗った直後は”しっとり&もっちり”なのに、少し経つとべたつきは無し。でも、きちんと潤っている状態を保ってくれます。

唇がいつもしっとり、ママバターリップトリートメント

リップクリームより少し大きいサイズ(6g)。かなり小さめのチューブ状。

私は、唇を舐める癖があるのか、秋冬は唇が乾燥して、ひび割れ状態になります。

このトリートメントを就寝前に塗っておくと、朝起きるとしっとり〜。

シアバター入りで、UV効果もあります

 

欲しい機能が万能、ママバター BBクリーム

美容液化粧下地、UVカット、コントロールカラー ファンデーションが一つになったのが、ママバターBBクリームです。

ノンシリコンなのに伸びが良く、ツヤツヤとした仕上がりに。カバー力も十分。

オーガニックラベンダーの香り付きなのも、かなり花丸。

紫外線に強い SPF50・PA+++

色合いも自然だし、他には、イエロー系があり、日本人のお肌に合う色だと思います。

ママバター フェイスパウダー

オーガニックラベンダーの香りがします。

SPF25で、UVケア効果も備えたフェイスパウダー。 クリアとナチュラル系の色があります。クリアだと、透明感が出ます。

フェイスパウダーの方は、パフでつけると、かなり「粉粉」してしまうので、下のようなフェイスブラシを使ってつけた方が、クリームに馴染むと思います。

e0170687_09263919.jpeg

ブラシは、ちなみに、以前友人から頂いた、白鳳堂のフェイスブラシ。

携帯用で、ブラシ部分を簡単に出し入れできるのと、ブラシの毛の部分の使い心地が、本当に気持ちいいです。オススメ、です。

ママバターのリップ

色味は、”カシスレッド”、”ピーチピンク”、”アプリコットオレンジ”の3色。

紅花、パプリカの植物性色素など、100%天然由来色素使用にこだわっています。

着色料の一種に昆虫が原料の着色料(コチニール)があることは、あまり知られていません。中南米などに生息する臙脂虫が原料の赤色の着色料なんです。

きゃーっ。昆虫が原料のものが、リップの赤色に入っているとは!ショッキングですよね。自然の成分だから大丈夫という意見もあれば、製造方法によって、品質が疑わしいものもあるらしいです。また、タール色素は、食品添加物として使われていたのですが、それが、発がん性があるとして指定が取り消されたものも多くあるそうなんです。

 

ママバターのチーク

天然由来保湿成分・シアバターやオリーブ果実油(保湿成分)が配合されています。肌なじみのよいオレンジ系、ピンク系の2色。自然な色合いが出ます。

ママバターチーク

詰め替えもできる、ママバターのヘアケア商品

ママバターは、コスメ以外にも、スキンケアグッズが揃っています。

去年は、うちの夫が

夫Ken
「シャンプーとコンディショナーが欲しい」

と言い出し、デパートに立ち寄って買い求めたもの。

ラベンダーの香りがして、べたつかず、私もすっかり気に入りました。

夫のヘアケアをこっそり使っていましたが、笑、今回は、「シャンプー・コンディショナー詰め替え」を買ってきました。

ママバター ヘアケア

ちなみに、無印の詰め替え用のボトルです。

私は、2年前にママバターに出会って以来、今まで持っていたアイシャドーとか、リップとか、ブランド物を一掃して、オーガニックで揃えることにしました。

シャネルとかCDとか、色々お金を使いましたが、一番大切なことは、品質が体に安全であること。

ちょうどいい機会です(断捨離をしている私の後ろで、リサイクルに萌えるウチの夫

夫KEN
おー、たくさん捨ててるなあ

嬉しそうでした、なんでやねん、笑)。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

私もママバターを2年間使って見て、今では、カバンの中に必ず忍ばせています。

品質とコスパの高さで、リピートしているママバター製品。

ママバターは、体に100%安全な品質が保証されるので、赤ちゃんのいるママさんだけでなく、色々なスキンタイプ、年代の方に使っていただきたいと思います。

 

+++
今日の猫。楓はん。

e0170687_10400850.jpg

カメラレンズの質(私の腕ではない)がいいから、目やにまで、写っておる、大笑。おにぎり顔、してます。

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment

  1. mabo より:

    化粧品は良く分かりませんが、楓はやっぱり男前だと
    言うのは分かりました!爆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.