バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【中谷美紀の結婚相手】のヴィオラ(ビオラ)奏者って誰・ウィーンフィルって凄いんだよ!

2018/11/29
 
Miki Nakatani
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

突然の報道でびっくりした「中谷美紀さんの結婚」。

お相手はヴィオラ奏者のティロ・フェヒナー氏。

私は、高校の時、オーケストラ部に所属して(かなり下手でしたが)ヴィオラを演奏したことがあります。私にとっては、ヴィオラはとても愛着のある楽器。

今でもクラッシックコンサートなどに行くと、ヴィオラ奏者の手元をじっと見てしまいます。

ヴィオラというのは、オーケストラの中でも、ヴァイオリン・チェロに比べて、あまり目立たない楽器であり、「どんな楽器なんだ?」という声もよく聞かれます。

今日の記事は、中谷美紀さんが結婚するお相手以外に、ヴィオラ楽器・ウィーンフィルハーモニーについても触れてみます。

  • 中谷美紀さんが結婚するヴィオラ奏者ってどんな人?
  • 楽器ヴィオラって、どんな楽器?
  • ウィーンフィルハーモニーってどれだけ凄いの?

について書いてみたいと思います。

それでは始めてみましょう〜。

スポンサーリンク

中谷美紀さんの結婚相手のヴィオラ(ビオラ)奏者って誰?

 

中谷美紀さんといえば、説明する必要もない有名な女優さん。

1976年1月12日生まれ(やぎ座)で42歳。英語・フランスが堪能で、まさに才色兼備。モデルなど経て、女優デビュー。

  • 93年フジテレビ系ドラマ「ひとつ屋根の下」で女優デビュー
  • 99年TBS系ドラマ「ケイゾク」で初主演
  • 95年「大失恋。」で映画デビュー
  • 14年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
  • 18年TBS系ドラマ「あなたには帰る家がある」など話題作に出演。
  • 06年の映画「嫌われ松子の一生」では、多数の映画賞を受賞。

この中谷美紀さんが、2016年1月から熱愛報道が流れていたティロ・フェフナー氏と、近く結婚することがわかりました。

 

ティロ・フェヒナー氏との出会いは?

 

交際期間は約2年。2人が出会ったのは16年10月。小澤征爾氏らが指揮を務めたウィーン・フィルの来日公演に、フェヒナー氏が楽団員(ビオラ奏者)として同行したのがきっかけ。

クラシック好きの中谷が知人を介して、フェヒナー氏と知り合ったという。中谷とフェヒナー氏はすぐに意気投合。翌11月に一部報道で交際が発覚した際、中谷の所属事務所にもフェヒナー氏を「恋人です」と、報告していたそうです。

お二人は2年間の遠距離恋愛期間を経て、ついに結婚の運びとなりました。

 

フェヒナー氏ってどんな人?

 

お相手のフェヒナー氏はベルリンの音楽一家に生まれ、ベルリン芸術大学やニューヨークの名門、ジュリアード音楽院などで学んだエリート。

ジュリアード音楽院は、プロの音楽家を目指すなら登竜門と言われるくらい有名。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by yui_Lily1003 (@yui_matti0916) on

ツーショットのお二人。めちゃお似合い。

フェヒナー氏は、甘いマスクの持ち主。こりゃ〜、女性ファンが多いのも納得です。とても50歳には見えません。

動画もありますよ。かっこええ💕。アラフィフだ。

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のビオラ奏者を務めていますが、ウィーンフィルとベルリンフィルの精鋭で構成する管弦楽アンサンブル「フィルハーモニクス」のメンバーとしても活躍。

2018年12月14日からは、ウィーンフィルとベルリンフィルの精鋭たちによる管弦楽アンサンブル「ザ・フィルハーモニクス」として、フェヒナー氏も来日公演が予定されています。

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団といえば、まさに世界のトップクラスのオーケストラ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by てみュか (@taemyuka.516) on

クラッシックが大好きな私にとって、「あ〜、なんて素敵な人と結婚したんだろう」とため息が出てしまうくらい、笑。

スポンサーリンク

ヴィオラ(ビオラ)楽器って何?

 

ここで、ちょっとご説明したいのがヴィオラ楽器のこと。

弦楽器なのですが、あまり知られていなくて、ほとんど無視されていた存在、苦笑。

Bratsche.jpg
By Just plain Bill – 投稿者自身による作品, パブリック・ドメイン, Link

 

近代以降では独奏曲も数多く作られるようになってきています。合奏や重奏の中では中音部を受け持つ。しばしば「Va」「Vla」と略記されます。

➡️ヴィオラのサイズ

「大きいヴァイオリン」または「小さいチェロ」。ヴァイオリンとチェロの間の音域を出すことができます。

オーケストラで、向かって左側に陣取っているのがヴァイオリン。右側に陣取っているのがチェロ。ヴァイオリンとチェロの間に挟まれて座っているのがヴィオラ奏者たちです。

肩に乗せて弾けるギリギリの大きさになったといわれています。そんなわけで、実際のヴィオラの胴体はおよそ 38〜45 cm、全長は70cm前後です。

➡️ヴィオラの音色

ディープな弦楽器の音色です。

ヴァイオリンのように肩に乗せて演奏しますが、調弦はヴァイオリンより 5 度低いです。音域的にはチェロのちょうど1オクターブ上になります。

肩に乗せて弾けるギリギリの大きさになったといわれています。そんなわけで、実際のヴィオラの胴体はおよそ 38〜45 cm、全長は70cm前後です。

➡️弦楽器の縁の下の力持ち

大切な中音域を担うので、ヴィオラがなかったら話にならない!

ヴィオラはまさに縁の下の力持ち。あまり目立つことはないけれど、オーケストラにとっては非常に大事な楽器なのです。

皆様もよく知っておられるであろう、アイネ=クライネ=ナハトムジーク。

ヴィオラはこのセレナーデの中でも、旋律を奏でているヴァイオリン・チェロと比較して、ただ単調に「チャチャチャチャチャチャチャチャ」と旋律の影に隠れて伴奏のような音律で演奏されています。ただ、ヴィオラがなかったら、楽曲としてかなり歯が抜けてしまいます。

ヴィオラが弦楽器の中で、「どんな楽器であるのか」そして「縁の下の力持ちであること」は、これでお分りいただけたと思います。

 

ウィーンフィルハーモニーって、どれだけ凄いの?

 

ウィーンフィルハーモニー管弦楽団は、「世界3大オーケストラ」に必ず名前が上がるオケです。

ベルリンフィルとウィーンフィルを比較して、「どちらのオケが素晴らしいのか?」という質問もたくさん出ます。

ベルリンフィルというのは、インターナショナルなスーパーオケといった感があります。ウィーンフィルというのは、どちらかというと、過去の伝統を守りつつ最高水準の演奏を維持する傾向が強いように思います。

 

ウィーンフィルに入団するためには

 

ウィーン・フィルに入団するには、まず、ウィーン国立歌劇場管弦楽団の団員にならなければなりません。

オーディションはかなりの狭き門。レベル不十分だと、合格者も出ません!! 厳しいオーディションに合格しないといけないのです。世界のクラッシックのトップクラスの演奏者たちがしのぎを削る世界です。

 

オーディションの審査員は25名。

  • コンサートマスター(4名のうち2名)
  • 各パートの首席奏者
  • ウィーン・フィルの責任者
  • マネージング・ディレクター
  • 関連パートの奏者5名
  • 国立歌劇場管弦楽団の評議員2名
  • 国立歌劇場の代表者

 

オーディションに合格すると、通常は1~2年の試用期間があり、その後、正式に入団する資格があるかどうかを審査されます。正式入団までには最低3年はかかるようです。

ちょっと前まで、ウィーンフィルは女性団員の入団を認めていませんでしたが、
最近は女性団員が増えたのに加え、国際化の波が進み、ウィーン以外で教育を受けた団員も出てきています。

ウィーン・フィルも現在は数名の女性団員がいます。母体になっている歌劇場管弦楽団に所属している4名の女性団員が時々ウィーン・フィルのステージにも登場するということ。宮廷楽団は女性禁制、というのは昔のお話です。

ウィーンフィルはは弦楽器は団所有のものを使うとか、ウィーン式の楽器を使う(オーボエとホルンは特徴的です)といった楽器に関する点は他の世界のオケと違う所です。

ウィーンフィルハーモニーって、クラッシック音楽が大好きな私にとって、憧れ中の憧れ:よだれの垂れそうなトップクラスのオケです。いつの日か、ウィーンのニューイヤーコンサートに行ってみたい!

 

最後に

 

中谷美紀さんの結婚報道で、速報!ということで急いで書いた記事です。

今日のおさらい:

  • 中谷美紀さんが結婚するヴィオラ奏者は、世界のトップクラスのオケであるウィーン・フィルのビオラ奏者のフェヒナー氏
  • 楽器ヴィオラは、オーケストラ弦楽器の縁の下の力持ち
  • ウィーンフィルハーモニーに入団するには、狭き門であるオーディションに合格して、試用期間1〜2年の下済み生活がある

「中谷美紀さんの結婚」によって、ヴィオラの認識が高まる!と思い、かなり嬉しかった私です、笑。

中谷美紀さん・フェヒナー氏、末長くお幸せに! 国際結婚おめでとう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.