バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【マニア必見】ボーイング誕生の地にある航空博物館(Museum of Flight)

2018/11/17
 
Museum of Flight
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

航空博物館は、アメリカ各地にあります。そのうちの一つで、「飛行機マニア」にとって、ワクワクする場所があります。

それは、ミュージアム・オブ・フライト(Museum of Flight)。シアトルから南に車で15分くらいのところにあります。

今は、ボーイングは、シアトルから北に15分くらい車で行ったEverette(エベレット)というところに移転していますが、もともとはシアトルはボーイングのお膝元で発達した街でありました。

この記事では、ミュージアム・オブ・フライトについて書いてみようと思います。

シアトル 航空博物館 入場料とか、行き方についても触れています。

 

ミュージアム・オブ・フライトとは?

 

以前から、バンクーバーからシアトルに行く度に通りすぎていたミュージアム・オブ・フライト。

ミュージアム・オブ・フライトに行きたいなあと、ずっと思っていました。今回は、夫をうながして、見学することにしました。飛行機の博物館の中で別格級。

ワシントンDCにある国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)と同じくらい、素晴らしい航空博物館となっています。

もともとは、1965年に、1920年代のボーイング機(Boeing 80)を復元・保存するためのプロジェクトが、この場所の始まり。

ボーイング社の最初の工場であるレッドバーン(Red Barn)、多くの貴重な航空機コレクションもあり、民間では世界最大規模の航空博物館となっています。

ミュージアム・オブ・フライトは、ボーイングフィールドのすぐ横にあるので、小型機やボーイング関係の離発着を楽しめます。本当に文字通り”目の前”で見ることができるんですよ。

 

夫と出かけたミュージアム・オブ・フライト

 

さてさて、ついにミュージアム・オブ・フライトに来ました!

e0170687_11522616.jpg

トランス・カナダの航空機が建物の入り口前にディスプレイされています⬇️。

e0170687_12002534.jpg

航空機の実物や実物大レプリカが飾られていて、ライト兄弟の時代のクラッシックな飛行機から、最新787、アポロなどの宇宙産業&月の石も展示されています。

e0170687_12025998.jpg

宇宙関係の展示も充実したコレクションを保有しています。アポロ コマンドモジュール、月の石、など膨大な量の資料が展示されています。

ロシアの宇宙船ソユーズも展示してありますよ。実際に目の前にしてみると、「よくこれだけ小さな宇宙船に宇宙飛行士たちが乗り込んだものだ」と感慨を覚えます。

ちなみに、「宇宙大好き」夫は、アポロ関係コーナーに目を輝かしていました。夫は、テレビ・映画でもアポロ関係のものが大好き。映画なら”アポロ13”とか、何度観ていることか、笑。

⬇️はライト兄弟時代のクラッシックな飛行機(レプリカ)たち。

e0170687_12163722.jpg

国立航空宇宙博物館(National Air and Space Museum)にも、航空機と宇宙船に関連した収集物が展示されていましたが、それと比較しても、対抗できるかもしれないと思いました。それだけ、内容が充実しています。

ゆっくり見て回ったら、1−2時間では終わりません。コンコルドの中に入れたり、スペースシャトルのコックピットに入れたりします 展示物が多すぎるので、航空ファンなら1日いても足りないかも。

また様々なフライト・シュミレーションの体験もできます。

ブリテッシュ・エアウエィズが所有していたコンコルドや、ボーイング747の1号機の展示もありました。伝統と歴史を感じられて、感慨深いものがありました。

e0170687_12381229.jpg

⬆️アイゼンハワー、ケネディ、ジョンソン、ニクソン大統領が乗ったエア・フォースワン。エアフォースワンの前に、ニクソン大統領&周恩来(ですよね?)が飾ってあって、結構笑えた。

モナちゃん
見えますかあ?マダムタッソーみたいで、結構シュール、笑

 

e0170687_12065026.jpg

エアフォースワンの内部も見れます。大統領とのミーティングルームとか、昔のダイアル式の電話とかも置かれていて、時代の流れを感じました。

ミリタリー関係も充実しています。第1次、2次大戦中の航空機が並べられています。

e0170687_12181271.jpg

e0170687_12224360.jpg

トップガンで有名な、TOMCAT。頭の中で、トップガンのテーマ曲が流れていました、笑。

e0170687_12231615.jpg

Bー29。「戦争中、上空に飛んでいて、爆弾を落としていた」と考えると、日本人の私としては、ちょっと複雑な気持ちになりました。

e0170687_12243316.jpg

航空マニアと一口で言いますが、その中で、いろいろなタイプのジャンルがあります。

エアライン好き、ミリタリー好き、クラッシック好き、宇宙好き等々、どのジャンルでも楽しめます

普段取れない角度から写真撮影も出来て、飛行機好きにはワクワクする場所です。 お土産屋さんもありますよ。

臨場感を味わって観たい方のために、ビデオも⬇️あります。

とにかく、広くて展示物の充実ぶりに感嘆すること間違いないですよ!

スポンサーリンク

シアトル 航空博物館 情報

 

シアトルにある航空博物館、皆さんも行きたくなりましたよね? 笑。

それでは、ミュージアム・オブ・フライトの情報について書いてみますね。

 

シアトル 航空博物館 入場料

 

チケットは事前にオンラインで買うと、確実に入場することができます。オンライン・チケット

このオンラインチケットのサイトで、日にちを選んで、大人・子供。シニア等のチケットの種類を選びましょう。
一日券 リターン券 <注>
大人 $22 $13
シニア(65+) $19 $12
子供(5~17) $14 $8
子供 (0~4) 無料
管内でエアフライト関係の映画も上映していますが、 チケット代に$2追加で映画を観ることもできます。 

<注> 

1日で見切れない場合は、”入場オフィス(Admission Office)”にて、リターン券(Return Ticket)を買いましょう。一日券を買っていて、戻ってくる場合は、ディスカウントが効くというシステムになっています。

 

シアトル航空博物館アクセス

 

もちろん、旅行会社の現地ツアーなどで、ミュージアム・オブ・フライトが含まれている場合もたくさんありますが、ツアーに入らなくても自分だけで行く方法はあります。

車で運転して行くか、バスを利用するかです。

➡️ 車で行く場合

シアトルダウンタウンから、南に高速で飛ばして10分くらいのところにあります。

ボーイングフィールド(King County Internaional Airport)という空港に隣接しています。

➡️ バスで行く場合

シアトルタコマ空港とダウンタウンの間にあり、バスで行けるのでアクセスは良いです。

「124番 TUKWILA INT’L BLVD STATION(タックウィラ・インターナショナル・ブールバード・ステーション)」のバスに乗ります。
ダウンタウンの3rd Aveを通っていますので、「3rd Ave & VirginiaSt」から乗ります。

「East Marginal Way S & S94th PI」で降ります。
バス停の手前から右手にコンコルドが見えてきますので、見逃すことはありません。乗車時間は30分です。

バスのスケジュールはこちらから

1時間に4本バスサービスがあるようですが、時間帯によって変わりますので、⬆️のバススケジュールで必ずチェックしてくださいね。

 

ミュージアムオブフライト情報

 

Museum of Flight  公式サイト

住所 9404 E Marginal Way S, Seattle, WA 98108, USA
電話番号 206-764-5720
営業時間 10:00 AM – 5:00 PM

+++
楓のお気に入りのブランケット。ベッドの上に置いておいたら、しっかりと乗っかって寝ていました。落ちかかっておる。

e0170687_12273292.jpg

本日のインスタ写真。

今日の記事のミュージアム・オブ・フライトのT.A.Wilson Great Gallery(グレート・ギャラリー)。グレート・ギャラリーには,ガラス張りの展示室に40機を超える歴史的機体が展示されています。

クリックして、是非フォローしてね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.