バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

中川政七商店社長交代はなぜ起こったのか?旧社長の経歴・意外性のある新社長選択

2019/01/02
 
NAKAGAWA MASA7
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

私は、中川政七商店の商品が大好き❤️です。奈良県の特産品、蚊帳生地を使用した花ふきんをはじめ、美しい日本の工芸品・すみずみまで気配りの行き届いた暮らしの道具を提供しています。

中川政七商店の本店(遊 中川)に住み着いてしまいたいくらい、大好き、笑。

この中川政七商店は、2016年に創業300年を迎えますが、その2年後の2018年に、社長交代劇が起こりました。

第13代社長が新ブランドを立ち上げたりして活躍していた時に起きた社長交代劇は、かなり衝撃的でした。

この記事では:

  • 中川政七商店社長交代はなぜ起こったのか?
  • 旧社長(13代)の経歴
  • 意外性がある新社長(14代)の選択

について書いてみようと思います。

それでは、始めてみましょうー♪

スポンサーリンク

中川政七商店とは?

 

中川政七商店は、あまりにも有名ですが、この会社の歴史・概要を振り返ってみましょう。

中川政七商店は、享保元(1716)年創業。奈良晒(ならざらし)を代々扱ってきた奈良の老舗です。創業以来、手績み手織りの麻織物を扱い続けて来ています。

<奈良晒とは?>奈良県伝統的工芸品。麻皮を紡いで糸にし、手織りした麻布をさらして真っ白にした織物。江戸時代初期に、麻織物の一級品として有名になりました。幕府にも納められ、徳川家康が御用品としました。他にも武士の裃や僧侶の法衣として使われてきました。

18世紀に最盛期を迎えるが、他産地の織物に押されるようになり、さらに明治に入ると最大の顧客である武士を失い、衰退していきました。

現在では、狂言や舞楽の衣裳など特殊な用途に加え、軽く晒した麻布に正倉院文様などを染めたのれんなど室内装飾品もつくられています。

 

中川政七商店の歴史

 

享保元(1716)年創業以来の中川政七商店の歴史についても調べてみました。創業以来、手績み手織りの麻織物を扱い続けていて、全国に直営店を展開しています。

  • 九代の時に、宮内庁御用達になった。
  • 十代の時に、パリ万国博覧会(1925年)も出展。
  • 戦後、十一代中川巖吉は機械化を選ばず、生産拠点を海外に移して昔ながらの手績み手織りの製法を守る。株式会社中川政七商店 設立。1985年には麻小物の小売「遊 中川」を立ち上げた。
  • 十二代中川巌雄は茶道具全般を扱う卸へと事業を拡大。
  • 2002年、のちに十三代となる中川淳が入社。新ブランドの立ち上げ、直営店の開発に取り組む
  • 2008年、中川淳が十三代社長に就任。コンサルティング事業の開始、新ブランド「中川政七商店」発表、合同展示会「大日本市」の開催など、新機軸を打ち出した。
  • 2018年3月、十四代社長に千石あやが就任。初めての中川家以外の社長となった。先代は会長に就任し、コンサルティング・教育事業を率いる。

 

旧社長(13代):中川淳氏の経歴

 

13代社長である中川淳氏の経歴から見ていきましょう。

中川淳

遊 中川 ウェブサイトより

  • 1974年生まれ(2018年12月現在で、44歳くらい)
  • 京都大学法学部卒業後、2000年富士通株式会社入社。
  • 2002年に株式会社中川政七商店に入社し、2008年に十三代社長に就任。
    2016年に「中川 政七」を襲名し、2018年に会長に就任)

この中川淳氏、2016年に「中川 政七」を襲名し、2018年に会長に就任したんです。

中川氏のTWITTERでは、「中川淳、改め、中川政七」ってなっています。中川淳は生まれた時のお名前で、現在公的に名乗っている中川政七というのは、創業300年となる記念の2016年に、初代が名乗っていた当主名を襲名したお名前なのです!

モナちゃん
歌舞伎の家元のようやな〜。さすが老舗

 

中川淳氏は、”跡取りで楽をして”というパターンとはまるで違う経営スタイル。旧態依然とした家業を継ぎ、入社当時の16年前は4億だったのが、今は52億と、”その伸び率は10倍以上”と途方もないです。中川政七商店の伝統を受け継ぎながら、新しい風を吹き込むことに尽力を尽くしています。

新しい試みであるSPA(製造小売)業態を確立して、麻製品の魅力をより多くの人に知ってもらうために新ブランド「粋更kisara」を発表しています。新ブランドを続々と立ち上げ、日本の伝統あるモノ作りを奨励しながら、日々奔走している名物社長なのです。

 

中川政七商店は多くのブランドを全国展開しています。テキスタイルブランド「遊 中川」と、日本の土産ものを扱うブランド「日本市」に加えて、機能的で美しい暮らしの道具を扱うブランドとして「中川政七商店」は創設されています。

・遊 中川 15店舗

・中川政七商店 25店舗

・日本一 11店舗

・ふきん屋政七 コーナー展開で2店舗

 

 

「日本の工芸を元気にする!」というビジョンのもとに、業界特化型の経営コンサルティング事業も開始。初クライアントである長崎県波佐見町の陶磁器メーカー有限会社マルヒロでは、新ブランド「HASAMI」を立ち上げ空前の大ヒットとなっています。

HASAMIは、ここバンクーバーのおしゃれカフェでも使われているのを見ることが多くて、世界中でヒットしていること間違いありません。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 有限会社マルヒロ (@maruhiro.hasami) on

モナちゃん
私も狙っているHASAMIの仕掛け人が、中川淳氏だったんだー。なんだか感激!

2008年には花ふきんがグッドデザイン賞の金賞を受賞

2015年には、独自性のある戦略により高い収益性を維持して いる企業を表彰する「ポーター賞」を受賞。「カンブリア宮殿」などテレビ出演のほか、経営者・デザイナー向けのセミナーや講演歴も多数。中川淳氏のことを「工芸の再生請負人」と呼ぶ人もいます。

彼の出版した本もありますよ。中小ものづくり企業の経営診断から商品企画、デザイン
マネジメント、販路開拓まで、すべてのノウハウを公開した本⬇️

 

スポンサーリンク

中川政七商店社長交代はなぜ起こったのか?

 

2018年2月13日に、13代中川淳氏は、会社全体集会にて重大な発表をしました。

それは、「13代から14代への社長交代」発表でした。

中川淳氏が「社長になって10年。中川政七襲名からわずか2年。年齢も43歳と経営から退くには早すぎる」という驚きが走りました。

なぜ、このタイミングで社長交代劇が起こったのでしょうか?

 

中川淳氏が語った社長交代劇の決意の理由

 

中川氏は、入社当時から「中川商店」からの脱却を決めていたそうです。

「入社した時から”14代は中川ではない人間になってもらいたい”と思っていた」と語ります。

何より中小企業は借金があると、社長が個人保証をしない限り銀行はお金を貸してくれません。

「中川家以外の人に引き継げる状態というのは、つまりは個人保証のいらない経営状態になるということ。財務的によくするという意味も含めて、『ちゃんとした会社にしたい』と思って」の決意だったと言います。

 

14代社長 千石あや氏の経歴は?

 

それでは、14代社長には、誰が選ばれたのでしょうか?

それは、驚いたことに血縁関係のない、それも女性です。千石あや氏という女性が抜擢されました中川政七商店300年の歴史の中で、もちろん初めてのことです。中川政七商店は、中川氏が会長となり、後継社長に千石あや氏が就任して、新しい時代を迎えることになりました。

千石氏は、どういう経緯で中川政七商店と関わり、社長に就任することになったのでしょうか?

千石あや

遊 中川 ウェブサイトより

 

  • 1976年生まれ
  • 大阪芸術大学を卒業後、大手印刷会社に入社。
  • デザイナー、制作ディレクターとして勤務。
  • 2011年、中川政七商店入社。小売課スーパーバイザー、生産管理課、社長秘書、商品企画課課長、minoのコンサルティングアシスタント、山のくじら舎のコンサルティング、「遊 中川」ブランドマネージャー、ブランドマネジメント室室長を経験
  • 2018年3月、社長に就任。

2011年、中川政七商店のものづくりに惹かれて転職。小売課、生産管理部門、経営コンサル案件のアシスタントを経て、13代初の秘書に就任。13代社長から「14代社長になってくれないか?」という打診があった時に「あり得ない」と笑ってしまったくらいだったという千石あや氏。

最初は「社長就任」の話を断った千石氏だったのですが、4ヶ月間考え抜いて、「14代社長就任」を受けることになります。

中川氏の秘書を務め、会社を成長させていく様を間近で見てきた千石氏。中川氏の『日本の工芸を元気にする!』というビジョンが、ものすごい力を生むことを身近で見てきました。中川氏のビジョンの一番の理解者だった千石氏が、新しい形の会社経営に乗り出すことになったのです。

中小企業の事業承継」のあり方として、一つの成功例として、高く評価されるべきだと思います。

上の本、中川氏のビジョンが良くわかりますよ。

スポンサーリンク

 

最後に

 

2016年(2年前)「中川政七」襲名披露の壇上で、13代は「今後10年、地元・奈良に力を注いでいくこと」を宣言していました。いわゆる、「奈良ブランティングをやる」ことを決意表明したのです。

「ブランディングは、自分たちがどうありたいのか、何ができるのか、何が強みなのかから始まる自分起点」と語る中川氏。

今回、このブログ記事を書くにあたって、中川政七商店の13代中川淳氏のビジョン等を知ることができて、ますます、中川政七商店が大好きになった!笑

***

奈良は、何にもないのだけど、その ゆったりとした空気が好き。
夕暮れの二月堂と、唐招提寺 。ならまちのあたり、奈良ホテルのティーラウンジ等。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 奈良ホテル【公式】 (@narahotel_official) on

私自身、奈良について色々ブルグに書いて行こうと思っています。

 

+++

本日の猫。イカ耳、ももにゃん。

e0170687_11463920.jpg

本日のインスタ写真。

2018ベストナインです。ふーん、この9つがベストだったんだね、って、自分でもびっくりしたものもありましたが。

クリックして、是非フォローしてね!

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2019 All Rights Reserved.