バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

ならまち(奈良町)の雑貨屋おすすめ8選【古都奈良巡りをしてみよう】

 
NARA zakkka
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

古都、奈良!

歴史と文化的背景で、世界的に超有名な観光都市。

個人的には、観光的には日本らしさが一番伝わる都市だと思いますが、京都に比べて奈良はちょっと地味なイメージがあります(ちょっと、京都には派手さで負けておるかなあ、笑)。

奈良の歴史的建造物(=寺院)は京都に比べて色使いが割合地味だと言うのが、京都に観光面で押されている原因でしょうか。個人的には、奈良には京都には少ない、飛鳥時代の遺跡などがあって、「ザ・日本の原点」と言う感じが大好きです。

この記事では、奈良市の中にある奈良町にスポットライトを当ててみて、雑貨屋さんおすすめ8選について書いてみようと思います。

それでは、始めてみましょう♪

 

ならまち(奈良町)とは?

 

まずは、歴史のおさらいから、始めてみましょう!

奈良町(ならまち)は、奈良時代の平城京の外京(げきょう)と呼ばれるエリアを中心に形成されました。

平安末期の11~12世紀頃、東大寺、興福寺、春日大社、元興寺の周りに、寺社の仕事に携わる人々によって形成された郷(ごう)でした。

中世以降、「寺社」・「商工業」・「観光」の中心として発展してきた奈良町は、町家などの歴史的な建物や伝統行事が残り、多くの人々を惹きつけています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 菊水楼公式アカウント‐kikusuiro official- (@kikusuiro_japan_nara) on

 

「奈良町」と「ならまち」は実は一緒ではない

 

「奈良町」と「ならまち」は、実は一緒のエリアを指している訳でないというのをご存知のでしたか?

奈良町は、3つのエリアからなっています:

  • 国道369号を境に北の「奈良きたまち」
  • 南の「ならまち」
  • 京終駅周辺の3つのエリア

に分けられます。奈良市では、「奈良町」と「ならまち」とを使い分けていることがわかりましたね!「ならまち」は、「奈良町」のうち国道369号よりも南の区域を指します。

興福寺から元興寺にかけたエリアが一般的にならまちと呼ばれるエリアです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yasunori Usuki (@daydream._.y) on

ならまちの狭い街路に、江戸時代以降の町屋が数多く建ち並びます。歴史を感じながら、町歩きを楽しみたい人には堪らない魅力があります。

⬇️地図上では、赤線で囲まれたエリアが「ならまち」です。

スポンサーリンク

ならまちの雑貨屋さん おすすめ 8選

 

さて、それでは、ならまちの雑貨屋さんのお勧めを見ていきたいと思います。

奈良町には古民家をリノベーションしたお店が多数あります。

ならまちに行く途中には奈良県のお土産屋をはじめ昔ながらのお店や、
古本屋や古着屋、カフェも多く、古い町並みを愛する観光客が多数訪れています。

 

Coto Mono(コトモノ)

 

ならまちにある文房具屋さん。その店舗や商品から店長さんの文房具愛が伝わって来ます。

古民家をリノベーションされた店内には、奈良らしいシュールで可愛くて面白い文房具が並びます。

風情のある佇まい。奈良町に来た感をひしひしと感じられるお店。靴を脱いで上がるノスタルジックなお店です。うーん、良いですねえ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by cotomono (@coto_mono) on

奈良らしい文具(奈良うふふ文具)がお店に並んでいます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by cotomono (@coto_mono) on

発売時に”衝撃的反響”を呼んだ(笑)​大仏クリップ追加生産分の予約販売を始めたそうです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by cotomono (@coto_mono) on

ウェブ

公式サイト

住所 奈良市公納堂町6 西2 (格子戸をくぐって左手)
営業時間 10:00〜18:00
定休日 毎週火曜定休

 

Canata Conata (カナタコナタ)

 

奈良町にある古民家のキャンドル屋さんです。キャンドルをもらって嬉しくない女子はいないと思います、断言できる!(女子用のお土産に絶対に受ける!から、男子にもお店を覗いていただきたいです)。

やっぱり、奈良といったら鹿でしょう。鹿キャンドル⬇️。何個も集めて並べておきたいですね。

鹿キャンドル420円。色とりどり、大きさ違いもあります。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by カナタコナタ (@canataconata) on

⬇️は、アロマワックスサシェです。可愛いーっ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by カナタコナタ (@canataconata) on

商店街「優月」のある交差点を東へ行って、「遊 中川」の手前にあります。

ウェブ

公式サイト

住所 奈良市元林院町35番地
営業時間 11:00~18:00
定休日 月・火 (祝祭日は営業♪/月により臨時休業有) 

 

カウリ

 

雑貨店カウリさんでは、器、ステーショナリー、布もの、フランスのアンティークなどを扱っています。

ロケーション・建物・内装・什器・商品、そのコンビネーションが、落ち着いて居心地が良い雰囲気をかもし出しています。

あ〜、店に住み着いてしまいたい、笑。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by カウリ (@zakka_kauri) on

カウリという名前の由来。それは、オーナーさんが木が好きだったから。

カウリの木は、太古から森を見守り、樹齢何千年と生きている神聖な巨木なんだそうです。

「木のように、1本あるだけでやすらげる、そんな存在。そんなお店。そして、ずっと親しまれるモノとお店にしたい」というオーナーさんの願いが込められて、カウリと名つけられたそうですよ。素敵すぎる。

女性用のアクセサリーや布ものだけではなく、シックでデザインのいいカレンダーがあったり、お手頃な価格の器があったりするのです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by カウリ (@zakka_kauri) on

⬇️は、ナチュラル感にあふれるブローチ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by カウリ (@zakka_kauri) on

近鉄奈良駅から15分。餅飯殿の商店街を通り、ひたすら真っ直ぐ奈良町方面へ向かった左手にあり、すぐお隣は町家ゲストハウス『桜舎 Sakuraya』さんがあります。

ウェブ

公式サイト

住所 奈良市鳴川町1番地
営業時間 1:00 – 18:00
定休日 不定休

 

遊 中川

 

中川政七商店さんの本拠地「遊 中川」です。これは、ならまちの雑貨屋さんのお勧めをする時に外せません。

あ〜もう、中川政七商店さんが好きすぎて、クラクラします、笑。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 陳月 (@tsuki_c0527) on

こちらのお店も、古民家をリノベーションしています。門のところの、鹿が可愛い。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yurika Soma (@somakuro) on

一番知られているとしたあ、中川政七商店さんといえば「花ふきん」です。奈良の伝統工芸品である麻布を使った蚊帳を製造されていたのが中川政七商店さんなのです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Vivienne Sun (@viviennesunsoulgirl) on

人気の花ふきんから季節の飾りまで揃っています。年末になると、お正月飾りや、干支の置物など、季節の商品が特に充実していると思います。

こちらには、カフェ(茶諭)もできて、観光に疲れた時に、ちょっと休憩してほっこりすることもできますよ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by alex.maitake (@alex.maitake) on

餅飯殿商店街の優月さんのある交差点を猿沢池方向へ行きます。

ウェブ

公式サイト

住所 奈良市鳴川町1番地
営業時間 10:00~18:30
定休日 不定休

糸季(しき)

 

ならまちの中に古い町屋を改装したお店糸季はあります。お店に近ついてみると、窓越しにくつしたが見えます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 糸季(しき) (@siki_nara) on

私がこのお店を、ならまちのお勧め雑貨屋に選んだのは、このお店がオーガニックのコンセプトを持っているから。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @berry_soda on

お店には「オーガニックガーデンの商品を中心に、ベビーやインナー、ニット、タオルや小物などオーガニックコットンを使った製品やホフマンもオーガニックコットンで編んだ靴下など」が取り扱われています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Yuko Kawashima (@yuko.clave) on

場所は奈良駅から歩いて15分程の距離。近くには元興寺(がんごうじ)という南都七大寺の一つに数えられる寺院があります。

ウェブ

公式サイト

住所 奈良市高御門町18
営業時間 10:00-17:30

(12月〜3月は17:00まで)

定休日 不定休

 

風の棲(かぜのすみか)

 

オリジナルの手作りのお洋服や、作家ものを中心とした服飾・雑貨のお店。
オリジナル布もあり、一点もののお洋服が手に入ります。

⬇️は、靴下が風の棲のもの。靴は、姉妹店NAOT(@naotjapan)の靴です。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 風の栖 / kaze no sumika (@kaze_no_sumika) on

手づくりの温もりを感じさせる物が揃っています。

ウェブ

公式サイト

住所 奈良市高御門町17
営業時間 水曜日〜日曜日 / 11:00〜日没
定休日 月曜・火曜

 

NAOT NARA(ナオト)

 

雑貨からはちょっと離れてしまいますが、ここでどうしてもご紹介したいのが、⬆️の「風の栖」からスタートしたNAOT(ナオト)。

NAOT(ナオト)は、1942年から70年以上続く、イスラエル発の革靴です。
NAOT(ナオト)というのは、ヘブライ語で“オアシス”を意味します。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NAOT JAPAN (@naotjapan) on

インソールが、NAOT(ナオト)の靴の心地よさの秘密です。取り外しが可能なインソールは、表面のみ洗うことができます。

直営店ではフルラインナップを取り揃えており、フィッティングや靴選びのアドバイスをしてもらうことができます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NAOT JAPAN (@naotjapan) on

「風の栖」から程近い場所にある「NAOT NARA」。東京・蔵前にある「NAOT TOKYO」、この2つの直営店で商品展開をしています。奈良店は、鉄「奈良駅」より徒歩13分・JR「奈良駅」より徒歩18分です。

ウェブ

公式サイト

住所 奈良市芝突抜町8-1
営業時間
火〜日曜日 / 11:00〜sunset
定休日 月曜日定休

 

笑花庵(しょうかあん)

「ならまち」にある、陶磁器・衣料・バッグ・雑貨などのショップ。

笑花庵

笑花庵Twitter

 

古布や陶器モノに定評があります。アンティーク調のランプも販売中。御朱印帳も1800円くらいから販売されています。

笑花庵2

笑花庵Twitter

 

奈良町情報館横の道を南に歩いてすぐの辺りにあります。

ウェブ Twitter
住所 奈良市中新屋町18
営業時間
11:00~17:00
定休日 不定休

奈良町(ならまち)アクセス

 

ならまちへは、JR・近鉄奈良駅が最寄り駅です。(JR奈良駅と近鉄奈良駅は徒歩20分ほど離れた場所にあります)

徒歩(ならまち北西端まで)
*JR奈良駅から徒歩約20分
*近鉄奈良駅から徒歩約10分~15分
バス
*近鉄・JR奈良駅から:市内循環バス内回りで、田中町下車(ならまち南端)
*近鉄・JR奈良駅から:「天理駅」「下山」行きなどで、福智院町下車(ならまち東端)
ならまちの散策には、徒歩がお勧めですが、人力車、かごなども運行されています。ちょっと趣があって、旅行の趣を感じられることでしょう。

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 観光人力車やまと屋奈良 (@yamatoyanara) on

最後に

 

ならまちには、この他にも、まだまだご紹介したいお店がたくさんあります。まだ続編をお送りしたいと思います。

++++

本日の猫。

おずおずと物陰から伺っている楓猫。

e0170687_13032085.jpg

本日のインスタ。お友達からもらった中川政七商店のふきんたち。

クリックして、是非フォローしてね!

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.