バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【ノルウェー】世界遺産 ブリッゲン(ベルゲン)観光オススメは?

2018/12/05
 
Norway Byggen
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

ノルウェーには、ユネスコの世界遺産に登録されている自然遺産がたくさんあります。。

そのうち、ベルゲン市内の旧市街にあるブリッゲン(旧市街)の倉庫群が世界遺産として、1979年に世界文化遺産として登録されました。

お土産店や博物館などが並んで、ベルゲンの人気観光地となっています。

この記事では、ブリッゲン(ベルゲン)の街の観光・お土産のおすすめについて書いてみたいと思います。

それでは始めてみましょう〜。

スポンサーリンク

ブリッゲンの歴史は?

 

港湾都市ベルゲンはフィヨルドに抱かれ、天然の要害に築かれたかつての首都。

ベルゲンは暖流の影響を受けて不凍港であったため、北ヨーロッパ最大の港町として栄えます。

ドイツ商人が交易の実権を握るようになり、14世紀にはハンザ同盟に加盟。そのベルゲンの中心に位置するブリッゲン地区はドイツ人居留地となり、ハンザ同盟の4大拠点の一つとなって栄えることになります。

ハンザ商人は保存食として貴重だった北ノルウェー産「干しダラ」の輸出を独占することで繁栄しました。倉庫には、干しダラやヨーロッパからの穀物が保管されていました。現在のブリッゲンにも、干しダラ商売の当時の名残が至るところで見られます。

ブリッゲンはノルウェー語で埠頭(ふとう)という意味で、ハンザ同盟時代ドイツ人街だった旧市街。何度も火災に遭い、再建を繰り返しています。

 

ブリッゲンの見どころ

 

切妻屋根カラフルで奥行の深い木造倉庫が並んでいます。ハンザ商人が建てた商館で、奥行きが広く、手前から倉庫・事務所・住宅のスペースとなっています。全てが木造でできているため、歩いていると、足元で木造の床がギシギシと音を立てます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ivan (@eevandesanzo) on

世界遺産ブリッゲンで、路地が木の床になっているのは、荷を運ぶ車両が動きやすいようにするためです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Per Arve Finvold (@perarvefinvold94) on

現在は、倉庫をブティックやレストラン・カフェ、お土産屋さんやアーティストの工房として利用されていて観光客にも人気。ブリッゲン世界遺産のお土産は、こちらで揃えることができます。みやげものは、トロルの人形か、タラコのペーストあたりがお手頃だと思います。

ノルウェーは物価が高いことで有名です。マクドナルドのセットメニューでさえ80クローネ(2018年12月3日時点で、1クローネ=13.30円:1,064円)前後します。夕食もすぐに300クローネ(4,000円)くらい飛んでいきます。

世界遺産ブリッゲンのカラフルな建物は、街の雰囲気を明るくしています。雨・雪の日でも色合いが際立っています。対岸から見るブリッゲンの風景は、最高のインスタ映えするスポットですよ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Naveena🐘 (@naveenajawanda) on

さて、ベルゲンの中にブリッゲン(旧市街)があるのですが、その他の見どころも書いてみますね。

スポンサーリンク

ベルゲン・ブリッゲン 観光

 

ベルゲン(Bergen)は、ノルウェーの首都オスロに次ぐ第2番目に大きい都市です。

ベルゲンは1217年から1299年までノルウェーの首都だったのです。13世紀後半からはハンザ同盟都市となりました。1789年までベルゲンはノルウェー北部と国外の仲介交易の独占権を保有して、文化が栄えていました。

波止場やブリッゲン(倉庫街)が残され、世界遺産に認定されています。

ベルゲンは国際的な養殖業、海運、海洋石油産業、海底技術の中心地でノルウェーの学術、観光、金融の中心都市でもあるんですよ。

ベルゲンからはフィヨルド地方へのアクセスも良いため、フィヨルド観光の基地として宿泊する人も多いです。ソグネやハダンゲルといった著名なフィヨルドは、まずベルゲン手前のヴォスという町へ行ってから向かうことになります。

フィヨルド地図

http://www.dreamgrowtour.com/ より引用

 

フロイエン山(Mount Floyen)

 

天気がよければ、フロイエン山頂の展望台から、ベルゲンの街を一望する最高の場所です。町並み・港・周辺の島々・北海を見渡せます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @castagnary on

最大傾斜26度の斜面を5〜8分であっという間に上がります。帰りはハイキングを兼ねて、30分くらいかけて徒歩で降りて行くこともできます。

展望台にのあたりにある土産物屋やレストランを利用してみましょう。

絶景が観れる大人気の場所なので、ケーブルカーは長蛇の列です。でも、ケーブルカーはベルゲン観光の必須なので、待つ価値大ありです。

ケーブルカー会社 BergenVetrlidsallmenningen 21, 5014 Bergen
電話番号 +47 55 33 68 00
料金 山とのケーブル往復で95クローネ(1,260円くらい)

2018年12月3日時点で、1クローネ=13.30円

アクセス ハンザ博物館の裏手にある駅からケーブルカーで頂上まで所要8分。

ケーブルカー乗り場へは鉄道ベルゲン駅(Bergan Stasjon)から徒歩12分、魚市場(Fisketorget)から徒歩2分。

駐車場 なし
営業時間
2018年の営業は1/2~12/23
月〜金曜日 07:30  – 23:00
土・日曜 08:00  – 23:00

*3月29日〜4月2日:9:00 – 21:00

ウェブ 公式サイト

 

ベルゲン魚市場

 

15世紀に繁栄の極にあったハンザ商人も16世紀末には衰え、ブリッゲンのハンザ商館は1754年ノルウェーに引き渡されました。港の一番奥にある、1276年にオープンした、730年以上の歴史を持つ活気に満ちた魚市場。2階には観光案内所が併設されています。ノルウェーサーモンをはじめ獲りたての魚介や干しダラ、花やお土産物などが並び、いつも人々で溢れています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Linda Eggen Svenkerud (@lindaeggensvenkerud) on

魚市場(Fisketorget)には、サーモン・エビなどの魚介や名産の干しダラが並んでいます。新鮮なシーフードやフライなどを売る屋台が連なり、お店の方が「味見して~」と声をかけてくれます。

その場で食べられる串焼きやサーモン・エビサンドイッチなども売られています。フルーツ、ジャム、トナカイの燻製などを取り扱うお土産屋もあります。地元市民や観光客で活気にあふれています。

干しダラの商取引で賑わっていたハンザ都市時代のブリッゲンもこんな感じだったのかなと思わせてくれる光景が広がります。

名称 ベルゲン魚市場 (Fisketorget)
住所: Strandkaien 37, 4005 Stavanger
電話番号 +47 51 52 73 50
営業時間 月曜〜金曜日:10:00~0:00

土曜日:10:00~0:00

日曜日 定休日

ウェブ 公式サイト

 

ブリッゲン博物館

 

ブリッゲン博物館は、1955年にブリッゲンで起こった火事の焼け跡に、1976年になってから建てられた近代的な博物館です。

館内には、発掘されたハンザ同盟時代の物やベルゲン12世紀の住居跡の実物大などスケールの大きな展示もあるので必見。またヨーロッパの陶器や、ルーン文字の碑文、中世に使用された剣や十字架、ヴァイキング時代の船の骨組みなども展示しています。

世界遺産ブリッゲンの歴史がわかる貴重な歴史博物館となっています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Trakiske gullskatter (@legenderigull) on

名称 ブリッゲン博物館(Bryggen Museum)
住所: Dreggsallmenningen 3, 5003 Bergen
電話番号 +47 55 30 80 30
営業時間 11:00-15:00
ウェブ 公式サイト

世界遺産の干しダラ

 

世界遺産ブリッゲンの人気者の木彫り、干しダラも見逃せません。

「干しダラ」の輸出で繁栄したブリッゲンらしいですね。400年に渡り、ドイツ人交易商人による干しダラの取引が盛んに行われたブリッゲンを象徴する彫り物。

ブリッゲンを訪れた記念に撮影スポットとして有名です。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Rainer Schillings (@schillingsrainer) on

 

エドワルド・グリーク博物館

 

クラッシック音楽ファンなら、絶対に外せないのが、グリークの家。

ノルウェーの偉大な音楽家・エドワルド・グリーグが22年間住んだ白いビクトリア風の家が保存されているのです。

トロルハウゲン(トロルの棲む丘)と呼ばれるグリーグの家は、エドワルド・グリーグ博物館として一般公開されています。

小さなコンサートホールもあります。コンサートのスケジュールは、Facebookに載っています。

名称 エドヴァルド グリーグ博物館(トロルハウゲン)

Edvard Grieg Museum Troldhaugen

住所: Troldhaugveien 65, 5232 Bergen Norge
電話番号 47 55 92 29 92
営業時間 5月1日〜9月30日:09:00 – 18:00

10月1日〜4月30日:10:00 – 16:00

料金 大人: 100 クローネ=1,300円くらい(2018年12月3日時点で、1クローネ=13.30円)

16歳以下の子供は、入場料無料

アクセス ベルゲンライトレールと呼ばれるトラムが、市中心部とネストゥン(Nestun)の間を2010年から結んでいます。

停留所でチケットを買いますがカード払いのみ。

トラムに乗り、終点の一つ手前の駅、ホップで降ります。ベルゲン方向に少し戻ると、駅から徒歩で20分余りの距離です。

ウェブ 公式サイト

 

ブリッゲンへのアクセス

 

ブリッゲンまでどうやって行ったら良いのでしょうか?

➡️ 日本から国際線でノルウェー・ブリッゲンまで

日本からノルウェーの世界遺産ブリッゲンまでは、直行便がありません。コペンハーゲンやアムステルダム経由になります。

  • アムステルダム経由は成田空港・関西国際空港・福岡空港発
  • ヘルシンキ経由は成田空港・関西国際空港・名古屋空港発
  • コペンハーゲン経由は成田空港発

乗り継ぎ時間にもよりますが、日本からの飛行時間の合計は約12.5~15時間です。

➡️ ヨーロッパ内からノルウェー・ブリッゲンまで

  • 首都オスロからベルゲンまで飛行機で約50分
  • コペンハーゲンからは約1時間30分
  • ロンドンからは約2時間

ベルゲン空港からは、バスやタクシーを利用して、ブリッゲンのあるベルゲン市内へおよそ30分。

また、コペンハーゲンやオスロ、ストックホルムやヘルシンキなどヨーロッパ各都市から、鉄道やバスなどの公共機関を使って、フィヨルド観光を楽しみながらベルゲンへも行けます。レイルパスを購入して旅を計画してみるのも良いですね。

 

最後に

 

ノルウェーの首都オスロに次ぐ第2番目に大きい都市ベルゲンは、ハンザ同盟都市となり交易が盛んだった街。

波止場やブリッゲン(倉庫街)等の世界遺産を是非訪れてみましょう!

調べているうちに、ノルウェーがますます好きになりそうです。やっぱり、一度は行かなあかん!

 

+++

本日の猫ず。

これ、かなり迷惑な状態。桃太郎の顔、かなりむっとしています、笑。

e0170687_07261303.jpg

本日のインスタ写真。過去写真から。

クリックして、是非フォローしてね!

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.