バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【ノルウェー】スターヴ教会 アナと雪の女王の氷の城のモデルになった場所

2018/12/05
 
Norway Starve Church
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

北欧も私の「一生に一度は行きたい場所」の一つ。

”大ヒット映画の氷の城”と聞くと、何を思い浮かべますか?

映画【アナと雪の女王】に出てくるエルサのお城のモデルとなったのは、ノルウェーにあるボルグンドスターヴ教会。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Disney Frozen (@disneyfrozen) on

 リ

  ロ〜

     レ

       リ

        ロ〜〜〜〜♪

この記事では、フィヨルドの幻想的な世界に建つ教会について、書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

スターヴ教会って何?

 

ノルウェーでは8世紀から11世紀にバイキングが活躍していました。

バイキングは独自の宗教を持っていましたが、遠くまで遠征する間にキリスト教に出会い、改宗していきました。キリスト教がノルウェー人に入ってきたのは1000年ごろです。100年後には各地に少なくとも1000棟以上の教会が建造されました。

改宗したバイキング達がノルウェーに戻り、バイキングの造船技術を利用してて建てた木造の教会がスターブ教会なのです。

当時は、木材が最も自然な建材であって現在でも変わっていません。ノルウェー人は木造の家屋に住むのをとても好みます。バイキング時代から船の建造によって木造技術がとても発達していました。

ねじや釘を使用せず、支柱を厚板に垂直にはめ込んだ、ノルウェー独特の建築方式で造られています。スターヴ教会には構造的にもいくつかのタイプがあ流のですが、共通点は柱組み、あるいは立ち上げが基本で、板柱、または縦板によって壁が作られています。

石造りの教会に見慣れている私たちには、ちょっと異色の建築物です。

Lomen.5.jpg
CC 表示 2.5, Link

 

1130年前後に建築されたウルネスの木造教会が良い例なのですが、ウルネスの教会建築は、キリスト教建築とバイキング建築が結びついた「ウルネス様式」と呼ばれるスカンディナヴィアにおける動物を模したスタイルです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Haakon Rasmus Rasmussen (@haakonrasmusrasmussen) on

時を経るに従って、スターヴ教会が次第にヨーロッパ教会の文化の影響を受けて、石造りのカトリック教会との関連性も見られます。

 

アナと雪の女王のモデルになった場所:ボルグンド スターヴ教会とは?

 

さて、ここで本題の”ボルグンドスターヴ教会”のお話に入ります。

映画【アナと雪の女王】に出てくるエルサのお城のモデルとなったのは、このスターヴ教会です。

スターヴ教会の特徴的な屋根のラインが氷の城のモデルと云われています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Raven (@limbsdisarm) on

ノルウェーに現存する28のスターヴ教会の中で、最も保存状態の良い教会です。多くの観光客が訪れています。

キリスト教の特徴の十字架は少なく、屋根にはドラゴンの頭をかたどった飾りがあり、ドラゴンのうろこを模した”こけら板”で覆われています。

映画「アナと雪の女王」には、このスターヴ教会がそのままの姿で描かれているシーンが出てきます。映画の中に出てくるエルサの氷の城とスターブ教会、その相違点を探すのも興味深いです。

ノルウェーだけに見られる伝統的建築様式。屋根のラインに特徴があります。竜頭の飾りがついています。ドラゴンはバイキングにとっては守護神です。

キリスト教で、ドラゴンは悪のシンボルです。教会が建てられた時代は、キリスト教とバイキングの北欧神話からくる神々とが、混合していました。

実際のボルグン・スターヴ教会にはヴァイキング時代の名残がたくさん残っていて、一見するとその姿は黒竜(ブラック・ドラゴン)そのもの。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Litargras (@litargras) on

内装のカービング等にも、ノルマン文化の影響があるのが見て取れます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Ro (@last_romantics_and_l) on

スポンサーリンク

ボルグンドスターヴ教会行き方

 

ボルグンド・スターヴ教会 は、ノルウェーのソグン・オ・フィヨーラネ県、ラルダール市のボルグンドにあります。

「そう言われても、どうやって行くのよ?」を言う声も聞こえてきます。

行き方について書いてみましょう。

 

まずは、オスロ・ベルゲンの都市まで行く

 

ノルウェーで大きな都市といえば、オスロとベルゲン。

オスロの航空写真。自然が湯たか〜。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by OSLO (@oslo) on

オスロ・ベルゲンからは周辺都市までは鉄道・バスも運行されていますので、上手に利用して自分だけのオリジナルのスケジュールを作ることができます。

日本からオスロ・ベルゲンへの直行便はありません。ヨーロッパ内の都市で乗り換えが必要です。飛行時間は航空会社と乗り継ぎ時間により異なりますが、約12.5~15時間くらいです。

ベルゲンからノルウェーの一部の都市へは飛行機が就航しています。直行便がない場合も多く、その場合はオスロ経由で移動することになります。オスロとベルゲンの間は景勝鉄道としても有名なベルゲン鉄道が1日4便運行しています。

美しいベルゲンの街並み⬇️。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NORWEGIAN FJORDS (@norwegianfjords) on

 

ちょっと一言メモ:ベルゲンという街もノルウェー観光に使えるベルゲンはノルウェー南西部の海岸沿いにある都市です。

山と、最長最深のソグネフィヨルドに囲まれています。かつてハンザ同盟の貿易帝国の中心地でもありました。

フロイエン山へはケーブルカーで登ることができ、山頂からはベルゲン市内を一望したり、ハイキングも楽しめます。市内には有名な作曲家エドヴァルド・グリーグが住んでいた家も残っています。

 

地図を見てわかりますが、フィヨルドがあるエリアにある街は、オスロ・ベルゲンから鉄道でも最低4〜5時間かかります。

下の赤で囲まれたエリアがフィヨルド地方です。ベルゲンが南西部にオスロが東部に位置していて、フロム・ラールダールが地図上で東側にあるのが見えますよね?

フィヨルド地図

http://www.dreamgrowtour.com/ より引用

 

オスロからフィヨルドツアーを利用する

 

「ノルウェー・パノラマフィヨルド3泊5日」というような名前のツアーが結構出ています。ユネスコ世界遺産のソグネフィヨルドとノルウェーの大自然を満喫するという目的のツアーなのです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by NORWEGIAN FJORDS (@norwegianfjords) on

オスロのホテル泊で、ホテルでツアーにピックアップしてもらい、その途中にボルグンドスタ-ブ教会に立ち寄るというツアーが多いです。

ただし、フォトストップのみ(外観のみ見学)というツアーもありますので、あまりゆっくりと教会で時間を費やせないかもしれません。

 

フィヨルド地方に宿泊して、教会とフィヨルドの両方を楽しむ

 

スターウ教会があるのは、ソグネフィヨルド(世界遺産ネーロイフィヨルド)からが最も近いです。こちらのフィヨルドは、ヨーロッパ本土で最長・最深のフィヨルドです。

複雑な地形でアクセスに時間がかかるフィヨルド地方なので、フィヨルドの近くにあるホテルに滞在して、そこからスターヴ教会に行ってみるのも良いですね。

ノルウェーのフィヨルド地方の街は、ラールダール・フロムが観光客に人気があります。

ソグネフィヨルドの観光なら、フロム地区にあるホテルや、ラールダール(Lærdal)のリンストローム・ホテルがおすすめ。

➡️ラールダールからバスに乗る

ラールダールというのは、ノルウェー、ソグネフィヨルド最奥部の村。

ラールダールは、オスロから列車で5時間40分くらいかかります。

ラールダール(Lærdal)からボルグンドスターブ教会行きのバスが1日に1-2便運行(約50分)出ています。

➡️フロムからバスに乗る

ソグネフィヨルドを満喫するのにかかせない村「フロム(Flam)」。

<フロムって、どんなところ>

「フロム」という言葉は「険しい山の間の小さい平坦な領域」を意味します。 フロムは19世紀後半以来のポピュラーな観光地となっています。

特に人気なのは、ハイキングやカヤック、小さなゴムボートに乗ってフィヨルドを低い視界から見ることができるフィヨルドサファリがあります。

他にも古民家を集結させた野外博物館があるオッテルネス農場やフロムとグドヴァンゲンを行き来するフェリーなど、大自然の雄大さを堪能できます。

 

フロムへはオスロまたはベルゲンから列車やバス・船などで行くことになります。

オスロ  =>フロム ベルゲン急行でフロム鉄道の起点ミュルダールへ移動

フロム鉄道でソグネフィヨルドに面した町フロムへ

列車を乗り継いで約5.5時間

ベルゲン =>フロム ベルゲンからミュルダール駅までの列車の所要時間は約2時間。

ミュルダール駅で、フロム鉄道に乗り換えする。

ミュルダール駅からフロムへは1時間で行けます。

列車を乗り継いで約3時間

ベルゲン =ボルグンドスターヴ教会 フロムからバスで約1時間、幹線から少し入った旧道の脇にボルグンド・スターヴ教会はあります。

 

モナちゃん
いや〜、結構、アクセスが大変なエリアにあるんやなあ

 

ボルグンド・スターヴ教会 (Borgund Stave Church) 詳細

 

入場が可能なのは、5月1日– 9月30日 (5月17日は休館)です。

住所 Vindoella 621, 6888 Borgund, ノルウェー
電話番号 +47 57 66 81 09
開館時間 10:00–17:00

夏の間は、開館日が長めです:(6月11日– 8月21日: 08:00–20:00)

入場可能日 5月1日– 9月30日 (5月17日は休館)
入場料 大人 NOK 90 学生・子供(5歳以上)NOK70(2017年4月現在)

教会内部撮影不可

 

最後に

 

ノルウェーの雄大な自然の中に、バイキングの歴史を表すスターヴ教会が美しく溶け込んでいます。四季を通して独特な世界観があります。

この記事を書いていて、本当にノルウェーに行きたくなりました。

 

いつか行くぞ〜。

***

本日の猫。楓はん。

思い切り、イカ耳やん。

e0170687_13230855.jpeg

本日のインスタ写真。

クリックして、是非フォローしてね!

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.