バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【ルバーブ味・効能・レシピ】夫がルバーブ・マフィンを作ってみた 

2018/08/19
 
ルバーブ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

ルバーブという野菜の名前をお聞きにいなったことはありますか?

あまり日本では馴染みのない野菜かもしれませんね。

欧米では良く使う野菜なんですよ。我が家もルバ

 

ーブが毎年必ず育ちます。それほど手入れしなくて、ほったらかしなのに、冬が終わったら必ず戻ってきます。

今回は、ルバーブの味・効能、活用レシピまでご紹介します!

スポンサーリンク

ルバーブとは何?

 

欧米では一般的に食べられている「ルバーブ」。ルバーブは英語でRhubarbと書きます。

Rheum rhabarbarum.2006-04-27.uellue.jpg
By Dieter Weber (User:Uellue) – own work, photo taken in a private garden in Kiel, CC BY-SA 3.0, Link

 

日本では、明治の最初に入ってきて、別名「ショクヨウダイオウ(食用大黄)」と呼ばれています。

タデ科ダイオウ属であるルバーブは30〜40cmほどの葉柄(葉と茎を繋ぐ細い柄)に大きな葉っぱがついた野菜で、食べるのは葉柄の部分

CSA-Rhubarb.jpg
By Evan-AmosOwn work, Public Domain, Link

赤い色の印象が強いですが、実は葉柄が緑色のものもあります。

改良品種されて、晩生で大型のマンモス・レッド、葉柄が太くて収穫量が多いヴィクトリアなどがあります。緑の方が勝っているルバーブは、赤いものと比べて香りが強く、食感は柔らかいです。

 

ルバーブの産地

 

シベリア南部原産の毎年育つ多年草です。ヨーロッパ、とりわけイギリスではポピュラーな野菜です。ルバーブは原産がシベリアのため、寒い地域で栽培されます。日本では北海道や長野県がそこにあたります。

バンクーバーでも良く育ちます。

 

ルバーブの旬

 

ルバーブの旬は初夏。4月から6月が、もっともおいしい時期とされています。初夏~夏に花茎を長く伸ばして、地味な細かい花を穂状にたくさん咲かせます。

非常に耐寒性は強いですが、その反面暑さに弱いです。 ルバーブは暑さに弱いので、収穫は関東地方以南では年1回しかできませんが、東北地方では年2回(春と秋)できます。

 

ルバーブの味

 

ルバーブはそのまま食べると、強い酸味と若干の渋みを感じます。

それ自体は酸味が非常に強いのですが砂糖との相性が良いです。

ルバーブ・ジャムルバーブ・フール(甘く煮たルバーブと生クリームを合わせたもの)にすると、甘みにピリッと酸味が効いて、とても美味しい食材になります。

モナちゃん
一度、かじって見たら、あまりに酸っぱくて、鼻の頭にシワが寄ったくらいだよ

 

ルバーブの栄養分と薬効

 

ルバーブに含まれている栄養分

 

ルバーブには、豊富な栄養が含まれています。

ビタミン群
  • カロテン
  • ビタミンE、K、B1、B2、B6、C
  • ナイアシン
  • 葉酸
  • パントテン酸
ミネラル
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン

その他:たんぱく質・脂質・炭水化物の三大栄養素や食物繊維などもたっぷりです。

 

ルバーブの薬効

 

実は、薬用植物の一種で、漢方にも用いられています。

食物繊維を多く含むため、大黄(ダイオウ)は便秘薬として使われる漢方薬です。

ルバーブの葉っぱは、シュウ酸を多く含むため食べられません。

ルパーブ切り身

さて、それでは、ルバーブにはどのような効能があるのでしょうか。それを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ルバーブは体に良い! 効能

 

  • 体内の毒素や余分な水分を排出し、むくみを解消する。
  • デトックス効果が得られ、それにともない、便秘が解消される。
  • 歯や骨を強くする。
  • 糖やコレステロールが抑えられ、生活習慣病を予防したり、改善できる。
  • ストレスを軽減したり、体の免疫力を高める。
  • 強い抗酸化作用により、アンチエイジングが期待できる。
  • 視力の回復や、眼病予防、眼精疲労の回復に役立つ。

 

カナダ人夫がルバーブ・マフィンに挑戦してみた

 

我が家もルバーブが毎年必ず育ちます。

それほど手入れしなくて、ほったらかしなのに、4月くらいになると、必ず戻ってきます。

うちの夫は、ルバーブパイを毎年作るのが恒例だったのですが、私がグルテンフリーを実践し出してからは、私が食べなくなったため、ルバーブの使い道がない状態になっていました。

近頃、グルテンフリーのベーカリーやマフィン作りを再開したところ、夫はルバーブに目をつけた模様。

モナちゃん
違う味のマフィンが食べてえぇ
夫KEN
ルバーブのマフィンを作ろう

 

夫が探してきたルバーブ・マフィン・レシピ

 

夫がググってウェブで探してきたレシピ。

何やら、手書きにて書き留めたらしい(笑)。

レシピ

モナちゃん
汚ねー。もっと綺麗な紙に書いたらいいのに

下に綺麗に書き直します、笑。

 

ルバーブのマフィンレシピ

 

材料(1C=250cc):

  • 小麦粉 2C(グルテンフリーの方は、粉物は米粉などに変えても良い)
  • ベーキングパウダー 小さじ2半(2.5)
  • ベーキングソーダ 小さじ半
  • 塩 小さじ半
  • ブラウンシュガー(甜菜糖でも良い)3/4 C
  • 溶けたバター(大さじ8)
  • 卵 2個
  • グリークヨーグルト(無糖のもの)1C
  • バニラ 小さじ1
  • シナモン 小さじ1
  • 乱切りのルバーブ 1.5C分

トッピングの材料:

  • ブラウンシュガー(甜菜糖でも良い)大さじ3
  • シナモン 小さじ半

 

お料理工程:

  1. 粉もの(小麦粉、ベーキングソーダ、塩、砂糖)をよく混ぜあわせる。
  2. 別のボールに油、卵、ヨーグルト、バニラエッセンスを入れてよく混ぜる。
  3. 2を、ドライの粉ものを混ぜあわせたボールに入れていく。
  4. ルバーブも加える。
  5. 全体が大体混ぜ合わったらオッケー。マフィンの型に入れる。
  6. トッピングの材料を全部混ぜ合わせ、それぞれのマフィンの上にのせる。べちょっとしていますが、表面にそっと乗せる感じ。
  7. 華氏400(摂氏200度)のオーブンで25分〜30分焼く!

夫、頑張って材料を混ぜてる⬇️。

KEN COOKING

ルバーブを切っておる⬇️。背後の食器戸棚、何故に空いておるねん?

KEN CUTTING

なかなか良い感じで焼き上がりました。

ルバーブマフィン

なかなかお味も美味しい!! 酸味があって、かといって、甘すぎず、パーフェクト。

ルバーブマフィン

うまーっ、うまーっ。

合わせて読みたいここに文章【小麦・卵・乳なし】”玄米・抹茶・バナナ&チョコ”マフィンを作ってみた(レシピ付き)

これは、まるでグルテンフリーのレシピであり、甘みをかなり抑えていますので、甘さが欲しい方は、お砂糖の量を調節してくださいね。

 

スポンサーリンク

おまけ:ルバーブジャムを作ってみよう

 

ルバーブジャム作りも、やってみましょう。茎は繊維質で固いのですが、煮込み時間は10~15分で十分。

*材料

・ルバーブの茎:500g
・グラニュー糖:250g(ルバーブの重さの50%程度が目安。お好みで)
・レモン汁:小さじ2

*お料理工程

  1. ルバーブの茎はよく洗って水気をふき取り、1~2cmの長さに刻みます
  2. 刻んだルバーブとグラニュー糖、レモン汁を鍋に入れ、弱めの中火にかけます。
  3. フツフツしてきたら弱火にし、木ベラでゆっくりと混ぜながら煮ます。
  4. かき混ぜながら10~15分煮込み、ルバーブの繊維が崩れて形がなくなったら火を止めます。

JAM

ジャムは、熱消毒したメイソンジャーに入れて保管しましょう。

 

ルバーブが購入できるところ

 

日本ではなかなか見つかりにくいルバーブ。オンラインで購入するのが一番手っ取り早いです。

私なら、生のものがいいと思うので、⬇️を選びます。

カットして冷凍してあると、扱いは簡単なのが⬇️。

ジャム作りは面倒臭いという方には、⬇️

苗から育てたら、オーガニック。

 

まとめ

 

日本ではほとんどなじみのない植物:ルバーブ。欧米ではスーパーで普通に売っているくらい普及している植物です。

効能も高く、体にも良いため、是非ともジャムあたりから、日常生活に取り入れていって見てくださいね。

 

+++

本日の猫。桃太郎。

 

Momo licking

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.