バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

【NBAトップクラスは半端じゃねー】ステフィン・カリー 経歴・年棒・名言集

2018/07/26
 
Stephen Curry
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

以前にも書きましたが、私は「NBAウォーリアーズ」の大ファンです。

「ウォーリアーズの試合は毎回ビデオに撮ってまでも観戦」しています。

チーム ウォーリアーズの全てが大好きなのですが、その中で一番人気のステフィン・カリーには、やばいくらいラブ。

彼は、NBA最高峰に立つ大スター。

本日は、「ステフィン・カリーがどれだけ偉大か」、彼の経歴・年棒について書いてみたいと思います。

そして、ステフィンカリー の人間性を表している「名言」についても触れてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

Wizards v/s Warriors 03/02/11

すでに知れ渡っていることですが、ご存知ない方のために、ステフィン・カリーがどれだけ偉大だか書いてみましょう。

本名:Wardell Stephen Curry II
生年月日:1988年3月14日
出身地:オハイオ州アクロン
身長:191cm
体重:84kg

まずは、⬇のビデオ。これは、必ず見て頂きたいです。ステフィン・カリーが、どれだけ才能があって、魅力的な選手がわかります。

USA代表で、彼の背番号は3です。

モナちゃん
ヨダレ出る、笑。

 

ステフィンカリーは、史上最強の3ポイントシューター

NBA(アメリカ男子プロバスケットボールリーグ)のゴールデンステート・ウォーリアーズ(Golden State Warriors)に所属しているポイントガード。

お父さんは名3ポイント(3P)シューターであった元NBA選手のデル・カリー。弟はダラス・マーベリックに所属するセス・カリー。

3ポイントシュートって何?1979年より、3ポイントラインがNBAで導入されました。ゴールのまわりに半円が描かれています。それは「スリーポイントライン」と呼ばれています。

その外側(スリーポインエリア)から入れるシュートのことです。スリーポイントラインの内側から普通に入れると2点入るのですが、スリーポイントシュートは3点入ります。

 

ゴールデンステート・ウォリアーズを率いる「ステファン・カリー」とチームメートの「クレイ・トンプソン」。このシューター2人はリーグを代表するシューターです。

カリーは、レギュラーシーズンの1試合で3pシュート率が40%を超えるくらいの驚異的な数字。

2017年12月4日に行われたペリカンズ戦で通算3ポイント成功本数2000本を達成しました。

ステフィン・カリーの華麗なる経歴

 

NBA初期

デビッドソン大学3年終了後の2009年、NBAのゴールデンステート・ウォリアーズから1巡目(全体7位)で指名を受けて入団。

 輝かしいパフォーマンス

ゴールデンステート・ウォリアーズを率いて、過去4年間でNBAで3度優勝を果たしています。ステフィン・カリーを入れて、このウォーリアーズは、NBAオールスターに出場できる選手を4人抱えている、「寄るところ敵なし」のチームなのです。

 

ウォーリアーズは、2018年7月にもフリー・エージェントのセンタープレイヤー、デマーカス・カズンズ(DeMarcus Cousins)と契約を結んだばかり。

 

カズンズもNBAオールスター・レベルの選手のため、今は、ウォーリアーズを止めるものは誰もいないと言った感があります。

どんなプレーヤーも、ウォーリアーズでプレイできるのなら、NBAで優勝できるし、自分自身の選手生命を変えることができると考えているようです。

 

〜ステフィンカリー の輝かしい経歴〜

2014−15 シーズン: ウォーリアーズNBA優勝とMVP(最優秀選手に与えられる賞)

2015−16 シーズン: 史上初の満票のMVP

2016−17 シーズン: ウォーリアーズNBA 2度目の優勝

2017−18 シーズン: ウォーリアーズNBA 3度目の優勝

 

モナちゃん
ラブ、ラブだよ、ステフィン。

現在は、レブロンと並んで、誰もが認める「NBAの大スター」

彼の華麗なプレーを見るたびに、「おおおおおおお〜〜〜 」と叫んでしまう私なのです。

ステフィン・カリーの年棒

 

NBA歴代年棒で第2位!年棒約4020万ドル(約45億7700万円)

庶民の私には、ゼロが何個並んでいるのかも数えられない、笑。

ちなみに、バスケの神様 マイケル・ジョーダンが、年棒約3314万ドル(約37億7300万円)。もちろん、物価上昇率とかもありますから、比較するのは難しいですが、それを超えた驚くべき金額だということ。

 

私を救ってくれた:ステフィン・カリーの名言集

 

Curry3

私が、最初にステフィンカリーを大好きになったのは、彼の名言の一つに出会ってから。それは、彼の人間性を表しているもの。

2014−2015シーズンのMVP(最も優れた選手に与えられる賞)の受賞スピーチ

「大事なのは、成功のために努力し続けること」  NBA Japan

誰かの真似をする必要はないのです。成功を収める、あるいは何かを成し遂げるには、特定の何か、もしくは奇想天外なライフストーリーが必要という意見もあります。ですが、それは真実ではありません。

生い立ち、才能の有無や欠如に関わらず、神様を信じ、絶え間ない情熱を持って、自分が決めたこと、自分の人生において成し遂げると決めたことに向けて、努力し続け、絶対に成功するんだという強い意志こそ、何よりも必要だと思います。

自分の人生を生きて、毎日努力を続けてください。自分でいること、驕らずにいること、そして自分の人生に感謝を忘れないこと。世界中の人たちに、そのように考える良い影響を与えられれば嬉しく思います。NBA Japan

これは2014−2015シーズンのMVP(最も優れた選手に与えられる賞)を受賞した時の、ステフィンカリーのスピーチです。

「自分自身でいること」「奢らずにいること」「自分の人生に感謝を忘れないこと」

これだけNBAの世界の大スターになっても、「スタート時点を忘れない私はそれに心をがっつりワシ掴みにされました。

その他のステフィン・カリーの名言集

I am not the guy who’s afraid of failure. I like to take the risks, take the big shot.

「僕は失敗は恐れないよ。リスクを取ること、ビッグショットを決めることも大好きだ」

 

Every time i rise up, I have confidence that I’m going to make it.

「毎回起き上がるたび、自分はできるって自信があるよ」

 

Success is not an accident.

「成功は偶然ではない」

 

If you don’t fall how are you going to know what getting up is like.

「失敗しないと成功の仕方が分からないだろ」

 

I can get better. I haven’t reached my ceiling yet on how well i can shoot the basketball.

「僕はもっと上手くなれる。シュートが上手くなる最高のところにまだ達していないから」

 

I want to practice to the point where it’s almost uncomfortable how fast you shoot, so that in the game things kind of slow down.

「クイックにシュートするのが嫌になるぐらい練習したい、試合では普通のスピードでやれるように」

 

おおおおお、これらの名言、私は「努力するのを忘れかけている時・辛い時」に、何度も読みます。これは、彼のようにスポーツのスーパースターでなくても、人生全てに当てはまること。

モナちゃん
泣けるよ、シビれるっ。
スポンサーリンク

まとめ

 

NBAトップスターは、経歴・成績・年棒ともに、「半端じゃねー」と言うのがわかっていただけましたか?

でも、私は、ステフィンカリー の人間的なエピソードがわかる、彼の名言集が大好きなのです。「人生に疲れた時・疲れてしまった時」、ふと読むと、心から励まされます。

これだけのスーパースターでも、「努力は欠かさない」。彼のオーラを思い切り感じる名言集です。

彼の人間性を表しているのがわかる「ステフィンカリー の結婚・家族」についても、書いていますので、ご覧になってくださいね!【成功の陰に家族あり】NBAトップスター:ステフィン・カリーの結婚と家族たち

 

+++

本日の猫。楓猫。

ウニョン猫

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Comment

  1. mabo より:

    約45億7700万円・・・って(汗)
    毎月ベンツを10台ずつ買っても1億チョット・・
    たこ焼きやったら何個買えるんや?ちゅうねん。
    (えっ!たこ焼きで例えるな!ってか?爆)
    (アホ!庶民ではそれぐらいが関の山や!ちゅうねん)

    まぁスパースターのお財布事情を見て落ち込んで所に
    楓君のニョイ~~ン!を見てホッ!としました。
    楓はやっぱり庶民の味方です!!爆

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.