バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

バンクーバーの美味しいパン屋・サワードーブレッドならココでしょ!

2018/12/03
 
Fife Bakery
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

私がサワードーブレッドが大好きなのは、すでに記事も書きました。

手つくりのサワードーブレッドのスターターを仕込む発酵クラスにも、先日参加してきたくらい大好き。⬇️では、サワードーブレッドへの私の熱い愛を語っています、笑。

 

そのクラスに参加なさった方より、「バンクーバーで、サワードーブレッドならここのパン屋さんが一番美味しい〜」というのを聞いてきて、早速、サワードーブレッドを買いに走りました。

本日の記事は、バンクーバーのパン屋さんで、サワードーブレッドを買うならココでしょ!について、書いてみますね。

そのパン屋さんはコーヒーも本当に美味しいんですよ。

それでは、始めてみましょ〜。

スポンサーリンク

サワードーブレッドはどんなパンなのか?

 

すでにご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、まずは、「サワードーブレッドってなんですのん?」という方のために、おさらいから。

サワードー (sourdough)又はサワー種(だね)は、小麦やライ麦の粉と水を混ぜてつくる生地に、乳酸菌と酵母を主体に複数の微生物を共培養させた伝統的なパン種

<ウキペディアより引用>

サワー種=酸っぱい、独特な酸味・風味があります。

サワードーブレッドは、果物などで作る天然酵母種から作られるんですよ。サワードー種には乳酸菌がたくさん生きているので、パンに独特の酸味・風味が加わります。

 

サワードーブレッドの栄養面の効能

 

サワードーブレッドは、栄養的に数々の素晴らしい効能があります。

  • 発酵過程で代謝を促す物質が出来る。(metabolite:メタボライト)
  • ファイトケミカルを放出して、癌性物質を抑制、ビタミンEなどを作る働きが促進する
  • 血糖値を下げ、インシュリンの抑制
  • 善玉菌サポート物質がうまれ、それによってコレストロールや脂肪を下げる物質に変換される
  • 発酵によりフェチン酸が分解され、穀物のミネラルを体内に吸収し易くなる
  • 穀物の発酵過程で腸や体内の炎症部を守る物質(酪酸)ができる

 

ここまでの説明で、サワードーブレッドのことが、だいたいザックリとお分かり頂けたと思います。

 

バンクーバーでサワードーブレッドが一番美味しいパン屋

 

はい、ここで本題に入ります〜。

バンクーバーでサワードーブレッドが一番美味しいパン屋さんは、どこでしょうか?

もちろん、バンクーバーにはたくさん美味しいパン屋さんがありますので、私の独断・主観で選ばせていただきました。

そのパン屋さんは、Fife Bakeryです。

Fifeというのは、とっても小さなパン屋さん。E 3rdとケベックストリート(Quebec Street)がぶつかった辺りにあります。

Fife Bakery 1

ほんとに小さいので、見逃してしまいそう、笑。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fife Bakery (@fifebakery) on

店内はかなり狭いです。小さなカウンター席があって4席のスツールがあり、そこでコーヒーとブレッドを買い求めて、食べることもできます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fife Bakery (@fifebakery) on

Fife Bakeryのサワードーブレッドたち

 

Fife Bakeryは、サワードーブレッドを専門的に扱うパン屋さんです。

オーガニックでローカル(カナダ)産の穀物だけを使っています。
パン酵母を発酵させて手つくりしているんですよ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fife Bakery (@fifebakery) on

何がメニューに載っているかと言いますと:ウェブメニューはこちら

サワードーは⬇️の4種類。

*Country:staple at Fife, clean and mild sour:

一番レギュラータイプのサワードーです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fife Bakery (@fifebakery) on

*Birdfeeder:cranberries, apricots, mixed seeds:

(クランベリー・アプリコット・ミックスシードが入ったサワードーブレッド)

これは、かなり美味しそうー。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fife Bakery (@fifebakery) on

*Porridge:baker’s choice of grain:

(パン屋さんが選択した全粒粉で作っています)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fife Bakery (@fifebakery) on

*Olive:Kalamata olive, toasted wheat germ:

カラマタ(オカナガン 地方の一部)産のオリーブを使っています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Fife Bakery (@fifebakery) on

 

Fife Bakeryのお惣菜パンとクッキー

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.