バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

ティファニーカフェNYでの予約方法・メニュー・キャンセル料は?【日本初登場で巷騒然】

2019/04/23
 
Tiffany Blue Cafe
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

ティファニーのブルーのボックスって「女子の永遠の憧れ」ですよね。

ティファニーは今月4月19日、原宿・キャットストリートに、日本初となるコンセプトストア「ティファニー@キャットストリート」をオープンしたばかり。3年間の期間限定」でオープンして、今、巷は騒然としています。

「ティファニー@キャットストリート」は6層からなるお店で、ジュエリーやホーム&アクセサリー等の商品がディスプレイされています。最上階には日本初上陸となったカフェ「ティファニー カフェ@キャットストリート」も併設しています。

ティファニーカフェの1号店(The Blue Box Cafe)は、ニューヨークにあり、世界中からの観光客の大人気スポットとなっています。ただし、ティファニーカフェは、「熾烈な予約戦争」を勝ち抜いて予約をゲットしないと利用できないんですよ。

この記事では、

  • NYにあるティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)の店内の様子
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)の予約方法
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)のメニュー
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)キャンセル料
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)へのアクセス・店舗情報

について書いてみようと思います。

それでは始めてみましょう♪

NYにあるティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)の店内の様子

 

オードリーヘップバーンの永遠の名作映画「ティファニーで朝食を(Breadkfast at Tiffany)」。その映画のオープニングシーンでは、ティファニーのショーウィンドーの前で、オードリー・ヘップバーンが紙袋に入ったクロワッサンとコーヒーを手にしています。

Audrey Hepburn in Breakfast at Tiffany's.jpg
By Trailer screenshot – Breakfast at Tiffany’s trailer, Public Domain, Link

まさに映画の「ティファニーで朝食」を再現すべく、世界中からたくさんの人がこのティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)を訪れています。

ティファニーカフェは、2017年11月に5番街のティファニービルの4階にオープンしました。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Toshihide Terado (@38hidetera) on

その内部は、ティファニーのシンボルカラーのティファニーブルーに染まった空間となっています。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Donghwan Kim (@recommendedbydk) on

ワンフロアではなく4階の一角という感じです(場所自体はデパートの片隅にあるカフェみたいな感じです)。お店の売り場とカフェの間には間仕切りがしてあります。

食器(日本のNIKKO陶器)や壁などが全てティファニーブルーなのでティファニー好きの方は凄くテンション上がるだろうな〜と思います。私なら、絶対に舞い上がる、笑。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Per Groenendijk (@pergroenendijk) on

店内にはティファニーブルーのボックストランク(グローブトロッターとのコラボ商品)・バイク等がインテリアデコとして飾ってあったり。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kumi Clara (@kumi.clara) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Isabel Wilmot (@complimenti) on

ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)でいただく紅茶は、Brooklynの”Bellocq”の紅茶です。

Tiffanyの4Fでは”(5番街柄ではない)マグカップと紅茶のセット”で販売されていて、紅茶だけでは購入できないのですが、Blue Box Cafe利用者はカフェで購入できるらしいです。

 

<Bellocq(べロック)一口メモ>

Bellocq(べロック)は、NYブルックリン発のティーブランド。世界中のオーガニックなルースティ、スパイスをブレンドしていて、ブレンドティのネーミングが個性的であることも知られています。 スタジオを兼ねたブルックリンのBELLOCQ TEA ATELIER(ベロック・ティー・アトリエ)では、お茶のクリエイティブなブレンドの実験が行われていて、週末にはお茶の試飲と販売、ワークショップやアートエキシビジョン等を開催しています。

Bellocq(べロック)公式サイト

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by akko (@akko_piacere) on

こういうのも自分への手土産や大切な方へのお土産等に洒落ていますよね。ティファニーブルーのマグカップなども購入できるので、そちらもお手頃です。

スポンサーリンク

ティファニーカフェの予約方法(The Blue Box CafeReservation)

 

NYにあるティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)は、ティファニー常設のカフェ第1号であって、非常に人気が高く、予約が世界一取りにくいことで知られています。

ここで予約の取り方について詳しく書いてみますね。

ネットでの予約が必要で、1か月前(30日前の9am.(East time)に予約開始です。夏時間・冬時間で日本とNYの時差は変わりますので、それも気をつけてくださいね(夏時間だと夜10時開始)

予約開始から数分で枠が埋まってしまうそうです(夏はほぼ開始後2-3分でSold outになります)。

TiffanyのホームページにあるResy事前に会員登録をしておかないといけません。その上でResyにログインした状態にしておいて、予約開始までスタンバイして予約を取るという、手に汗を握る作業が必要です。専用のアプリでカード情報等を事前に登録して、予約開始時間にアクセスしても中々つながらず、つながった時には予約がいっぱいということも多々あります(涙)。

下がティファニーの予約システムです。ピンク色になっているのはすでに埋まっている日。空いている日・時間を選んで、それをクリックすると、予約が入ればEメールにて予約確保のお知らせが来ます。

Tiffany Reservation


Tiffany websiteより

旅行でNYに行くのに日本を発つまで予約が取れず、現地NYで予約を入れて、奇跡的に取れたという旅行客もたくさんいますので。予約キャンセルは常にありますから、最後まで諦めない!笑

<ティファニーカフェの予約のこつ>

1)スマホからは予約しにくい。

2)1000~から昼の枠は埋まりやすい。2時以降の遅めの時間帯の方が予約が取りやすい。

3)予約スロットは15分おき。00分、30分という切りのいい数字よりも、15分・45分といった「中途半端」な時間が空いている傾向がある。

4)米国内で予約するとしたら、米国では日本以上にWifiは普及しているが、インターネット速度は遅い。スマホで予約するより、高速インターネットで予約する方が確実。電波時計で時間を確認しながら、午前9時5秒前からクリックすると、ほぼ100%予約できる。

 

ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)のメニュー

 

メニューは朝食やランチ、アフタヌーンティなどに分かれており、それぞれ三種類程度の中から選ぶ形になっていますが、どの時間帯でも全て注文可能です。

  • ブレックファースト32ドル:クロワッサン、フルーツがベース。メインが4品(ベーグル、ポーチドエッグトーストワッフル)から選択、コーヒーか紅茶はセット
  • ランチ42ドル:前菜4種(スープ、チーズ、タルタル、チコリ)メインが5品(サンドイッチ、トースト、ビーツ、魚料理、サラダ)、ドリンクはついておらず別オーダーになる
  • アフタヌーンティ(TIFFANY TEA)52ドル:サンドイッチ5種・スイーツ7種
  • 100カラットブレックファスト、100ドル(キャビア)

 

ブルーボックスカフェでは、一人につき1コースをオーダーすることが必要となっています。2人でシェアすることはできません。

アフタヌーンティもティファニーブルーに染まっている!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by 헤오미 (@he5mi) on

雰囲気や接客態度も素晴らしくおすすめ!サーバーさんがティファニーのタイをしてサーブしてくれます。

メニューにはありませんが、「Blue BOXのケーキ」は人気の一品。

15センチ正方形の中にチョコケーキが内在しているインスタ映えする美しいケーキです。口コミで見てみましたが、『味は今一つ、Blu Box cakeは写真に撮るだけが良い』という意見が多かったですが。中身はチョコレートケーキです⬇️

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Serena (@sy_serena) on

スポンサーリンク

ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)キャンセル料

 

予約の変更・キャンセルは無料でできますが、予約時間から24時間前のキャンセル料は有料になります。

キャンセル料は一人あたり25ドルなので、予定変更をしないといけない場合はお早めに。

 

NYにあるティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)へのアクセス・店舗情報

 

ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)の場所

 

ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)は、NYミッドタウンのロックフェラー センター から 0.6 kmにあります。 五番街のセントラルパーク寄りにティファニーはあります。

 

 

ティファニーカフェへ(The Blue Box Cafe)へのアクセス

 

ティファニーカフェの最寄駅は地下鉄の「5 Avenue 53 Street Station」または「5 Avenue Station」です。どちらの駅からも、徒歩5分程度の距離にあります。

「ティファニー(Tiffany)本店」のお隣は「トランプタワー」がありますので、そちらを目指して行ってもわかりやすいかと思います。

住所 727 5th Ave 4th Floor, NY
電話番号 1 212-605-4270
食事オプション ベジタリアン料理あり, ヴィーガン料理あり, グルテンフリー
予約 Net予約のみ(TiffanyのホームページにあるResy
営業時間
  • 月曜〜土曜:午前10時から午後5時半
  • 日曜日:  午後12時から4時半

(日曜日はランチの時間からのスタートとなっている)

 

【日本初登場で巷騒然】ティファニーカフェNYでの予約方法・メニュー・キャンセル料は?まとめ

 

日本で原宿にオープンした「ティファニー@キャットストリート」にあるティファニーカフェ「ティファニー カフェ@キャットストリート」は早速巷で話題になっています。

ティファニーカフェの1号店(The Blue Box Cafe)は、ニューヨークにあり、世界中からの観光客の大人気スポットとなっています。ただし、ティファニーカフェは、世界一予約を取るのが難しい場所。

この記事では:

  • NYにあるティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)の店内の様子
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)の予約方法
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)のメニュー
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)キャンセル料
  • ティファニーカフェ(The Blue Box Cafe)へのアクセス・店舗情報

について書いてみました。

NYに旅行に行かれることがあったら、是非、手に汗を握りながら、予約を入れてみましょう、笑。

 

++++

本日の猫。ももにゃん。

e0170687_10562061.jpg


バンクーバー日々是々(旧ブログより)

 

自分が体調を崩して、一日ベッドにいる生活を送っているため、今回もまた実感したのが、「猫はよく寝る」ということ。

起きて=>ご飯を食べて=>ちょっと寝て=>裏庭でちょっとお散歩して=>ちょっと昼寝する=>で、振り出しに戻ります。お手洗いに行っても、必ず、以前に寝ていた同じ場所に戻ってくるのが、猫の不思議な習性。

本日のインスタ。記念日にはお花を欠かさないうちの夫。

4月20日は「私たちが出会った日の記念日」でした。ありがとー夫。

クリックして、フォローしてね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2019 All Rights Reserved.