バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

バンクーバーのワインバー・ベスト5店【ハッピーアワーがある場合も】

 
Vancouver wine bar best
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

ワインバーでワイン・テースティングをする時こそ、至福の時。

もちろん、ご自宅でフルボディのメルローワインや軽めのロゼワインが入ったグラスを傾けながら、ロマンティックな映画や本に浸るのも良し。

ちょっとオシャレをして、シックなワインバーに足を運んで、ワインテースティングメニューと一緒に舌つつみを打つのも良し。

この記事では、バンクーバーのダウンタウン近くにあるおすすめワインバー5店にお連れしたいと思います。

Uva Wine & Cocktail Bar(ウバ・ワイン&カクテルバー)

 

ダウンタウンのモダホテル(Moda Hotel)にある超モダンなワインバーです。

店の雰囲気は暗めで、かなりオシャレな感じ。シックなレザーのチェアと、明るい赤のデコです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by UVA Wine & Cocktail Bar (@uvavancouver) on

ホテルのバーというより、一般の客にも開放している普通のバーの感じで、コンサート後などでもちょっと一杯楽しめる場所です。もちろん、ホテルに宿泊されている場合は、自分の部屋にすぐ帰られる安心感もあって、夜遅くまでゆっくり飲むことができます。

ワインテースティングはWing Flightとメニューに載っていて、4種類のテースティングメニューがあります。それぞれのワインを2オンスずつ飲むことができますよ。

ハッピーアワーもあり、5オンスワインが午後6時から午後6時まで6ドルとお得です。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by UVA Wine & Cocktail Bar (@uvavancouver) on

<おすすめワイン>

Moris Farms’ “Avvoltore” from Maremma, Italy, an earthy and fruity red wine made with a blend of Sangiovese, Cabernet Sauvignon and Syrah grapes

住所  900 Seymour St., Vancouver
価格帯 グラス    :$11 to $29

ワインフライト: $16 to $18

ボトル    :$40 to $155 

合わせたい食事内容 シャクテリープレート、アラカルテのお料理、マリネードされたタコ・ひよこ豆のディップ・パルメザンのガーリックフライ等のアンティパスト
ワインフライトとは何?

ワインフライトとは?ワインの飲み比べができるテイスティングセットのこと。通常よりも少量で、3~4種類のワインがセットになっている。価格も比較的安価に設定されていることが多いので、いろいろ飲み比べて自分好みのワインを探してみましょう。

 

L’Ufficio Wine Bar(ルフィシィオワインバー)

 

キツラノ のW4thにあるローカルのイタリアンレストラン。W.4thにあるレストランLa Querciaと姉妹店のワインバーです。場所はLa Querciaのお隣り。

外から見た感じでは大きな窓に木製のブラインドが掛かっているだけで、中の雰囲気があまりよく分かりません。とても小さなお店でドアを押して中に入っても一旦カウンターに坐ったら、チーズの香ばしい香りとたくさん並ぶワインに感動します。どちらかというと『通受けするワインバー』だと言えるでしょう。

ワインの種類はこれだけあります

構造上厨房はお隣りのLa Querciaと一緒なため、小皿料理やシャルキュトリー・プレートもクオリティーがかなり高くて美味しいです。チーズプレートは種類やサイズも選べます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by La Quercia and L’Ufficio (@laquerciakitchen) on

火曜日から土曜日まで、5 から10:30 pm こちらのバーでワインが楽しめます。

<おすすめワイン>

Tenuta San Leonardo’s “San Leonardo” from Trentino, Italy, a Bordeaux style red wine (it’s food friendly) with a full body and bright, fruity taste. The notes of leather and mushroom make for a unique aroma

住所 3687 W 4th Ave., Vancouver
価格帯 グラス    :$10 to $20

ボトル    :$55 to $1200 

合わせたい食事内容 シャクテリープレート、アラカルテのお料理、マリネードされたタコ・ひよこ豆のディップ・パルメザンのガーリックフライ等のアンティパスト

お隣にある人気イタリアンレストランのLa Quercia(ラ・クエルシア)からのイタリアンスタイルのお料理が楽しめます。

ソフトなイタリアンチーズ、バーラタ(burrata)がペスト・ビーツ・ウォルナッツに乗せられた一品はたまらない美味しさです。

スポンサーリンク

Brix & Mortar(ブリックス&モーター)

 

イエールタウンにあるこのブリック&モーダーは、歴史がある煉瓦の建物の中にあって、まさに「古き&新しきが融合した」雰囲気を味わいたい人に最適な場所。

店内にはキラキラしたシャンデリアがかかり、グラナイトのバーカウンターにワインボトルが並べられています。結構店内の雰囲気だけで、私なんかは、テンションがかなり上がるタイプ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Brix & Mortar Yaletown (@brix_vancouver) on

ちなみにハッピーアワーはかなりお得です。フード一律 $8、ビール$5など。Happy Hour時のフードは8種類ほどしかありませんが、フレッシュシーフードマッスル(Fresh Steamed Mussels)はかなりボリュームがあります。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Brix & Mortar Yaletown (@brix_vancouver) on

<おすすめワイン>
C.C. Jentsch Estate’s “Syrah,” a full bodied red wine or Culmina Family Estate’s “Unicus,” a sweet and dry white that makes it a great food wine. Bonus: they’re both from the Okanagan Valley in British Columbia

住所 1138 Homer St., Vancouver
価格帯 グラス    :$6 to $44

ワインフライト: $11 to $16

ボトル    :$40 to $680

合わせたい食事内容 ローカルのカナディアン料理をローカル産の食材で作ったお料理を提供しています。例えば、キャロットとジンジャーのピューレがかかったバンクーバー・アイランドの白味魚リングコッド、ハーブの効いたライス、ローカル農場のハンナブルックファーム(Hannah Brook Farms)からの カラフルな夏野菜等がおすすめ。

 

Salt Tasting Room(ソルトテスティングルーム)

 

このガスタウンにあるテースティングルームは「地下にあるワインセラー」のような雰囲気があります。店内には長いテーブルが配置されていて、どことなくインダストリアルな雰囲気です。

個人的には、バンクーバーで初めて訪れたワインバーだったため、今でも1番好きなお店です。

ガスタウンの中でも一番物乞いが多く、路地裏にあるので夜の女性ひとり歩きは極力避けた方が良いと思います。場所は少し分かりづらいので、予約をしている場合は少し早めに行かれた方が良いでしょう。

人気だと聞いたのでopen tableで予約を入れて行くことをオススメします。(週日の昼間の場合は予約の必要はなさそうですが。)

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Salt (@salttastingroom) on

正面にある黒板のメニューを見て、チーズ・肉から3品、コンディメントから3品を選びます。そして、ワインリストから3つ好きなワインを選びます(というのが一番ベーシックな注文の仕方です)。

細かいワインの知識がない場合は、漠然と「甘いワインが好みとか、フルボディが好み」とかだけ伝えて、知識豊富なスタッフに全てお任せすることもできます。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Salt (@salttastingroom) on

黒板に手書きのメニューの詳細を見るたびに、なんだか心が温かくなる。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Salt (@salttastingroom) on

<おすすめワイン>
Jay Paulson’s “Ex Nihilo” from the Okanagan Valley, a Merlot that tastes like lively, light fruit to start, with deeper notes of dark plums, black cherries, cherries and homemade jam that kick in later.

住所 45 Blood Alley Square, Vancouver
価格帯 グラス    :$5 to $12

ワインフライト: $15

ボトル    : $30 to $145 

合わせたい食事内容 本格的なチーズとお肉類が乗ったシャクテリーは必ずトライしましょう。

お料理の数々には、どのワインがマッチングするか、お店の提案もきちんと書かれているので、それもご参考にして、ワインとお食事のペアリングを最大限に楽しんでみましょう。

グルテンフリーの選択もあり。

スポンサーリンク

The Wine Bar(ザ・ワインバー)

 

マリーナ沿い、キャンビーブリッジの近くにあります。ワイン愛好家は「このワインバーは本物」と言う人が多いです。地元のワインの選択ができ、グラスで楽しめます。180近くのワインが揃っていますので、ワインの種類にかけては圧巻です。

屋外のパティオ席もあり、スタッフはフレンドリー。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Wine Bar (@twb_thewinebar) on

ハッピーアワー(お店ではTAPPY HOURと名ずけています)も毎日 3:00 から 5:00p.m.、そして10:00 p.mから閉店までやっています。ハッピーアワー中は、グラスワインは6ドル、8ドル、10ドルで、かなりお得です。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by The Wine Bar (@twb_thewinebar) on

  • 月曜日・火曜日は終日ハッピーアワーで更に安いです。
  • 「ワイン・ウェンズデー」として水曜日にはワインボトルが25%オフになります。
  • 「セラー・チューズデー」として、ビンが25%オフとなります。
  • 「フライデー・フライツ」として金曜日にはワインテースティングは25%オフです。

 

<おすすめワイン>
The Blanc de Blancs from West Essex, England, a sparkling white wine with bright acidity and a finish that tastes like lemon curd

住所 1167 Marinaside Cres., Vancouver
価格帯 グラス    :$8 to $110

ボトル    : $35 to $3,000 

合わせたい食事内容 シェフの”ホームタウン・オブ・プロヴィンス”を頼んでみましょう。

スティームされたマッスルから、カエルの足(!)とバルサミックオイルにつけたカリカリとしたバゲットと合わせてみましょう。

 

バンクーバーのワインバー・ベスト5店【ハッピーアワーがある場合も】まとめ

 

ワインを楽しむときは、グラスを傾けながら、ロマンティックな映画や本に浸るのも良し、ちょっとオシャレをして、シックなワインバーに足を運んで、ワインテースティングメニューと一緒に舌つつみを打つのも良し。

この記事では、バンクーバーのダウンタウン近くにあるおすすめワインバー5店をご紹介してみました。

ワイン以外に、美味しいクラフトビールの記事についても書いています⬇️

 

+++

本日の猫。ももにゃん。ピンクの紐を使って、じゃらしてみたが無視された、笑。

e0170687_1203749.jpg


旧ブログ「バンクーバー日々是々」より

 

クリックして、フォローしてね!

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2019 All Rights Reserved.