バンクーバーから海外生活情報をお伝えします

ウィーンのニューイヤーコンサート歴史・チケット入手方法4種類

2018/11/25
 
New Year Vienna_res (1)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら

ちょっと気が早いようですが、ニューイヤーコンサート2019に行こうと考えていらっしゃる方はいらっしゃいますか? (正確に言いますと、もう2019年のニューイヤーは間に合わないかもしれませんので、早めに準備して、2020年に焦点を当てて見てもいいかもしれません)。

ニューイヤーコンサートというと、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が、毎年1月1日にウィーン楽友協会の大ホールで行なわれるマチネ(昼公演)の演奏会(コンサート)が、世界的に知られています。

私たち夫婦は、バンクーバーで行われるニューイヤーコンサートに必ず行くことにしています。でも、バンクーバーのニューイヤーコンサートは、当たり前ですが、ウィーンのコンサートには比較できません。

この記事では:

  • ウィーンのニューイヤーコンサートの歴史
  • ウィーンのニューイヤーコンサートの内容
  • ウィーンのニューイヤーコンサートのチケット購入方法
  • 立ち見席の入場方法
  • ウィーンのニューイヤーコンサートのリハーサル

について書いてみますね。

スポンサーリンク

ニューイヤーコンサートとは?

 

ウィーンのニューイヤーコンサートとは、どういうコンサートなのでしょうか?

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のニューイヤーコンサート(独: Das Neujahrskonzert der Wiener Philharmoniker)は、毎年1月1日にウィーン楽友協会の大ホール(黄金のホール)で行なわれるマチネ(昼公演)の演奏会(コンサート)である。

 

ヨハン・シュトラウス2世を中心とするシュトラウス家の楽曲が主に演奏される。映像はライブで90を超す世界各国に中継され、世界中の人々がこのコンサートを楽しむ。日本における生中継の放送は、元日の夜のプライムタイム(ゴールデンタイム)に当たる。

<引用:ウィキペディア>

 

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの歴史

 

1939年12月31日にクレメンス・クラウスの指揮でニューイヤーコンサートが幕を開けました。

Clemens Krauss.jpg

By 英語版ウィキペディア

1939年のコンサートは、単に「特別コンサート」と名づけられ、1939年12月31日にムジークフェライン大ホールで行われました。1938年ナチス・ドイツのオーストリア併合によるオーストリア人の不満をためないようヨハン・シュトラウスのワルツやポルカのコンサートが催されたのです。

ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートは、実はジルヴェスター(大晦日)に始まったのです。

1941年に第2回が行われてからは、1951年(オーストリア初代大統領カール・レンナーが1950年12月31日に死去した年)を除いて1月1日の中央ヨーロッパ時間正午に開催されるようになりました。第二次世界大戦中の最も苦難の時期1945年1月にも、オーストリアの誇りとするシュトラウスが演奏され(世界に対するメッセージのようなものがあったのでしょうか)、1月2日に再演もされたほどでした。

1955年以降、ヴィリー・ボスコフスキーが指揮をし、1959年より各国で中継され始めて人気が高まり、ニューイヤーコンサートが飛躍的に多くの人たち(世界80カ国あまり)で楽しまれるようになっています。

1987年以降は、同じ指揮者が2年連続して指揮することはなくなり、毎年楽団員による投票で、毎年指揮者が決定します。(毎年の指揮者の顔ぶれは変わります)。

2002年には小澤征爾が、アジア人ではズービン・メータに続き2人目の指揮者となりました。

モナちゃん
やはり、世界に誇る小澤征爾氏だ!

 

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの内容

 

世界最高峰のオーケストラ ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が奏でるシュトラス・ファミリーのワルツやポルカの数々。年明けの雰囲気が盛り上がります。

ニューイヤーコンサート(独: Das Neujahrskonzert der Wiener Philharmoniker)が行われるウィーン楽友協会の大ホール⬇️

Musikverein Vienna June 2006 484.jpg

By Gryffindor

ウィーン・フィル・ニューイヤーコンサートのアンコールは3曲で、
1曲目は毎年変わりますが、2曲目のJ・シュトラウス2世作曲ワルツ「「美しく青きドナウ」、3曲目のJ・シュトラウス1世作曲ラデツキー行進曲は定番となっています。

Wien Musikverein innen 2010 2.jpg
By Photo: Andreas Praefcke

 

ウィーンのニューイヤーコンサートの日程

 

ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートは12月30日、12月31日、1月1日と3回あります。1月1日が本当のニューイヤーコンサートです

12月30日11:00開演  ニューイヤー・プレビュー・コンサート
12月31日19:30開演  ジルヴェスター・コンサート(ニューイヤーイヴ・コンサート)
1月 1日11:15開演  ニューイヤー・コンサート

プログラムは3日とも同じで、演出もほぼ同じです。

スポンサーリンク

ウィーン・ニューイヤー・コンサートのチケット 入手方法

 

世界一チケットを取るのが難しいといわれているウィーンフィルのニューイヤーコンサート。

とにかく、途方もなく高い倍率! 30万倍以上とも言われています。

ニューイヤー・コンサートのチケットは、全席誰かが買える可能性があるというものではなく、すでに事前に購入先がずっと先まで決定しているので、ただでさえ狭き門がさらに難関になっています。

スポンサーなどに手配されたものが売られ、特に日本人が多く買い求めるうちに、価格が100万円以上がってしまう場合もあるようです。席に座るためには、最低数十万円と言われています。

それでも、なんとか、ニューイヤーコンサートのチケットを手に入れる方法はないものでしょうか。調べた結果、4つの方法がありました。

 

公式チケットを購入する

 

ウィーン・フィルから直接チケットを購入する方法です。

毎年抽選は無料で参加できます。もし当たったら定価で購入できるので、是非抽選には参加してみましょう。

2019年2月1日から28日までの間に2019年/2020年の年末年始のチケットの抽選への参加申し込みを受け付けています。

★チケットの定価

日にち チケット代
1月 1日11:15開演  

ニューイヤー・コンサート

35ユーロ(4,500円程度)

~1090ユーロ(14万円程度)

12月31日19:30開演 

ジルヴェスター・コンサート(ニューイヤーイヴ・コンサート)

25ユーロ(3,200円程度)

~800ユーロ(10万3千円程度)

12月30日11:00開演 

ニューイヤー・プレビュー・コンサート

20ユーロ(2,600円程度)

~495ユーロ(6万4千円程度)

※日本円は2018年11月21日現在(1ユーロ約128.78円)のレートです。

 

日本語も出ているサイトなので、簡単に申し込みはできますよ。どのコンサートの、どのカテゴリーのチケットを希望するかを選択できます。3つのコンサートのそれぞれに1回だけ申し込むことができます。

❶ 右上のログインページからREGISTER/LOGINDEボタンをクリックし、「今すぐ登録」を押す。

❷「登録する」の詳細を埋める

  • STRASSE/HAUSNUMMER/TÜRは番地を含めた町村名以下の住所
  • PLZは郵便番号
  • 場所は市の名前

❸ Your Account Please choose from the options in the upper menuと出たら登録が完了しますが、その画面にあるVerlosung Neujahrskonzertを押す。

④希望の席や人数を選択し進む

⑤Drawing of Tickets for the End of Year Concerts 2019/ 2020と出てきたら申し込みが完了。

⑥3月になったらまたログインして、マイページで抽選結果を確認する。

 

旅行ツアー会社のツアーに参加する

 

ニューイヤー・コンサートのチケット込みの年末年始ツアーが組まれる場合があるので、それらに申し込むのが一番確立が高いと思います。それでさえ先着順となるので、すぐに申し込まないと定員になってしまいます。

ニューイヤー・コンサートのチケットを手に入れるためだけでも、このツアーに参加することは価値があると言う人もいます。

プラス面 マイナス面
  • ホテルやチケットを手配してくれる
  • ウィーンの観光ガイド付き
  • 確実にチケットが手に入る
  • ニューイヤーコンサートが初めての方にはかなり安心
費用がかなりかかる。一人当たり、最低150万円程度は見ておいたほうが良い

 

例として、ジャルパックだと、ウィーンの休日6日間で、1,739,900 ~ 2,299,000円くらいのお値段になります。

 

オーストリア・エクスプレが主催するツアーは、航空チケットを除いたお値段が¥213,000¥1,009,000。

 

これは、ニューイヤーコンサートだけの現地ツアーです。集合場所:楽友協会 最寄り駅:KARLSPLATZ (地下鉄U4,U1,U2号線)

各自劇場へHISも2枚1組での販売となり、奇数枚数での販売は不可となります。座席の指定は一切できません。1枚あたりの価格 1,167,230円~(EUR8800.00)と、やはり相場は、150万円辺りのお値段になります。

 

チケット手配会社に依頼

 

ウィーンのチケット手配会社に依頼するという方法もあります。

ニューイヤーイヴコンサートは立ち見で150ユーロくらい

ただ、ニューイヤーコンサートは大変人気なため、なかなか手に入りにくいと思います。かなりの価格を提示されますし(10倍くらい)、会社によっては、手配手数料がかなりすることがあります。

オテロチケットオフィス/フランツ・イルザという手配業者が日本語完全対応なので、英語を使いたくない方にはオススメします。手配手数料も比較的安いです。

 

現地でダフ屋を当たる

 

シュタッツオーパー(ウィーン国立歌劇場、オペラ座)の周りにはたくさんのダフ屋が集まっています。

トラブルにならないために、チケットをちゃんと見せてもらって、確認してから購入しましょう。

数多いダフ屋に聞き込んで、一番安くて立ち見のチケットを探しましょう。

「How much?(いくら?)」というカタコト英語でも通じます。

ダフ屋によって相場が違いますが、最低250ユーロ:定価の10倍くらいふっかけられると言われています(現在のレートで約32,000円くらい)。

 

立ち見の入場方法とスペース確保方法

 

立ち見席を購入した方は、立ち見のスペースを確保しなければなりません。立ち見のスペースはかなり限られています。立ち見の最前列を狙うなら開演3,4時間前には並んでいなければいけないと思います。

朝6時から並んでいるというツワモノも!

開演1時間前までは入場することが出来ませんので、それまでは楽友教会の外正面の右側(ビオラ側)か左側(バイオリン側)から入れます。

<注意する点>

❶ウィーンの冬はもちろん寒く、外がマイナス気温になることも多いので、防寒対策はきっちりとして行きましょう。

❷トイレは並ぶ前に必ず行っておくべきです。万が一並んでいる途中でトイレに行きたくなった場合は、後ろにいる人たちにしっかり理解してもらってから行かなければ、あとから言っても列に戻れなくなってしまいます。

もし、英語等に自信がなければ、紙か何かに書いて、列の後ろにいる人に、しっかりと意思が伝わるようにしておきましょう。

“I would like to go to the restroom. Please keep this spot for me.”

(訳:お手洗いに行きたいのです。このスポットを私のために取っておいてください)

スポンサーリンク

チケットが手に入らないと場合は、リハーサルもある

 

指揮者によってはリハーサルを無料で開放する場合もあり、チケットを買えなかった人はそれを聴きに行くことも多いです。

リハーサルでは観客数が少ないため、ホールの残響音がさらに良くなるため、音色も美しいという口コミもありますよ。

 

まとめ

 

ウィーンのニューイヤーコンサートは、「一生に一度は行きたい 私の夢」です。

いつの日か実現させたい! でも、その前に旅行資金を貯金することが先かなあー、笑。

 

ツアーでなく、個人でお出かけになる場合、ウィーンまでの飛行機・ホテル予約は、是非、ブッキング・コムでなさってくださいね⬇️。

 

Booking.com

+++

本日の猫。楓はん。

ひたすら上目〜。

e0170687_02015023.jpg

本日のインスタ写真。

バンクーバーでのニューイヤーコンサートが開催されるオフィアム・シアターの様子です。

バンクーバーのニューイヤーコンサートのことも、次回ブログ記事を書いてみますね。

クリックして、是非フォローしてね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
monachan
バンクーバーでカナダ人の夫&二匹の猫ボーイズと、バンクーバー生活を満喫中。 1990年9月より、ボストンで会計学を学び、会計の仕事でアメリカを東から西に転々と移動。 2000年7月に、仕事でバンクーバーに移住することになり、今日に至ります。バンクーバー情報から、海外移住、海外生活の情報・お悩みにお答えするブログをお送りします。 【地球の歩き方・特派員ブログ】で、「バンクーバー特派員2(みやなお)」として、バンクーバー情報を発信中。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 新・バンクーバー日々是々 , 2018 All Rights Reserved.